由比ヶ浜に現れたトヨタのビーチハウスってなに?

由比ヶ浜に現れたトヨタのビーチハウスってなに?

■ランドクルーザーの世界観を知る特別期間

 7月18日から神奈川県鎌倉市にある由比ガ浜海岸にて『ランドクルーザービーチハウスin JAPAN』が開催された。8月30日までの期間限定となるこのビーチハウスは、ランドクルーザーの世界観をより多くの人に体感してもらうためにできた特設会場だ。さらにフードやドリンクを提供するなど、ランクルファンのみならず海水浴に訪れた人にもエキサイティングなスポットとなっている。

【関連記事】絶対王者のN-BOXを倒した! ヤリスが販売トップに躍り出た4つの理由

プラド

 会場には、6月17日に一部改良をした新型ランドクルーザー・プラドのディーゼルエンジン搭載車を展示している。そう、ファン念願のディーゼルエンジンが8年ぶりに復活を遂げたのだ。
ランドクルーザーはプラドを発表は、今年6月までの期間限定販売だったランドクルーザー70と入れ替るようにディーゼルモデルがリリースされた。

 本格SUVのランドクルーザープラドは、「行きたいところに行き、どこからでも帰ってこられるという安心感を与えたモデル」という信頼性・耐久性・悪路走性にさらに磨きをかけ、クリーンディーゼル搭載といった時代のニーズに応えたカタチだ。この改良は、移動の可能性を広げ、人やモノを守るパートナーとなるクルマとして昇華した。160I9846_R

 ラインドクルーザー・プラドが搭載するエンジンは、2.8L直4ディーゼルと2.7Lの直4ガソリンの2種類。気になる燃費はディーゼルが11.2km/L、ガソリンが9km/Lとなっている。今回、ディーゼルに採用された尿素SCR。このシステムは、窒素酸化物(NOx)を浄化する技術ので、ディーゼルエンジンから多く排出される事で問題視されていたNOxの浄化する。8000kmから1万5000kmごとにディーラーで尿素を補充するだけで、排ガスのクリーン化を継続できる。

 開発責任者である小鑓貞嘉チーフエンジニアにランドクルーザー・ファンに伝えたいメッセージを尋ねると「非常にお待たせして申し訳ありません。自信を持って開発をいたしました。日本のユーザーに対しても目を向けています」と答えた。「いろんな質問をされていて応えたいけど、聖徳太子じゃないからいっぺんに応えられないんです(笑)」という発言をしてその場を笑いに変える一面も。

「ランクルは地球上最後に残るクルマであると意識して開発に挑むべし」と書き込む小鑓チーフ
「ランクルは地球上最後に残るクルマであると意識して開発に挑むべし」と書き込む小鑓チーフ

 最近ではベテランユーザーだけでなく、若いユーザーが増え、特に女性の人気も高まっているというのだから驚きだ。
世界からも高い支持を受け、日本でもこのように幅広い人たちから愛されているランドクルーザー。その魅力は、ここ『ランドクルーザービーチハウスin JAPAN』に集約されている。ぜひこの夏は、神奈川県の由比ガ浜海岸に行ってみてほしい。

  

諸元表
車名 --- ---
グレード --- ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×--- ---×---×---
ホイールベース (mm) --- ---
トレッド 前/後 (mm) ---/--- ---/---
車両重量 (kg) --- ---
パワーユニットタイプ --- ---
排気量 (cc) --- ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) --- ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) --- ---
駆動方式 --- ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/--- ---/---
ブレーキ 前/後 ---/--- ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/--- ---/---
JC08モード燃費 (km/L) --- ---
価格 (万円・税込) --- ---

画像ギャラリー