大人にウケている「スーパーカー・キャリーバッグ」

大人にウケている「スーパーカー・キャリーバッグ」

■休日の移動が楽しくなる?ランボとシボレーの2タイプ

 2015年の帰省ラッシュは分散型で、ピークは8月9日(土)の朝と、8月13日(木)の早朝。Uターンラッシュのピークは、8月15日(土)の夕方。電車や飛行機などは、8月16日(日)の午前中と予想されている。
そうした、帰省や長期休暇の旅行には、大荷物がつきものなので、今回は、ユニークで魅力的なキャリーケースをご紹介!キャリー

「車型キャリーケースのRidaz!」(1万584円・税784円)

 ミニカーメーカーとして実績のあるWELLY社が開発した製品で、ランボルギーニとGM(シボレー)のオフィシャルライセンスを習得していて、キャリーバックとは思えないスケール感を誇る。

 それでいて、容量は12Lもあり、国際線機内持ち込み対応サイズ・国内線100席以上航空機持ち込み対応サイズ(ランボルギーニ:H490×W270×D220mm)にもなっている。

 バッグの引っ張り方は2種類で、前面のケーブルを引っ張り出せば4つのタイヤが回転して動き、キャリーバーを引っ張り出せば、通常のキャリーバックと同じようにリヤバンパー部の装着されたタイヤを使って移動できる。

 モデルは、シボレーカマロ ZL1が赤と黄色の2種類。サイズはH470×W280×D210mm。重量は約1.8kgで容量は約12L。

 ランボルギーニ・ウラカンはグリーン、イエロー、オレンジの3色を用意。重量や容量はカマロと同じだがサイズは若干異なる。

 子供の旅行バックや、オモチャ箱代わりにしてもいいし、大人の趣味の道具入れや、洗車グッズ・走行会グッズ入れとしても重宝するかも!?

 こういう遊び心のあるキャリーバックを持って出かけると、旅が一層楽しくなりそうだ。

・購入は(http://camshop.jp/?mode=cate&cbid=1974241&csid=0)へ

  

画像ギャラリー