「走行中にタイヤが破裂する!」 泣く前にやっておきたい行楽シーズン・メンテ

「走行中にタイヤが破裂する!」 泣く前にやっておきたい行楽シーズン・メンテ

寿命だと判断されたら安いタイヤでもいいから即交換!

 バッテリーに続いて、JAFの出動ランキングの上位に入っているのがタイヤのトラブル。
その原因は、寿命(溝がなくなったり、経年劣化による亀裂)を超えた無理な使用だ。

 プロショップによるとタイヤ交換を薦めても、タイヤ価格が高騰しているからか「今はまだいい」という人がとても多いという。
ケチったばかりに身の危険もあるわけで、不具合が見つかったら、安くても新品にしてほしいところだ。とりあえず大丈夫は絶対にダメ。

トレッドも釘などが刺さっていないかを確認。意外と発見されるもの。溝に石などが挟まっているときは、タイヤを傷付けないように注意してドライバーなどで取り除く
トレッドも釘などが刺さっていないかを確認。意外と発見されるもの。溝に石などが挟まっているときは、タイヤを傷付けないように注意してドライバーなどで取り除く

 点検だが、まず基本となるのが空気圧。正しい量の空気が入っていないと、タイヤがよじれやすくなったり、適切に路面に当たらなくなったりと危険。走行抵抗も増えるので、燃費も悪化してしまう。最悪の場合、走行中にバースト(破裂)なんてもともあり得る。

空気圧の指示はドアを開けたところに付いている。車種によっては前後タイヤで空気圧が異なることもある。輸入車のなかには給油口のフタに付いていることもある
空気圧の指示はドアを開けたところに付いている。車種によっては前後タイヤで空気圧が異なることもある。輸入車のなかには給油口のフタに付いていることもある

 適正空気圧は、ドアを開けたところにあるステッカーに記されていることが多い。それに合わせて点検して、足りないようなら補充する。自信がない人は、給油ついでにガソリンスタンドのスタッフに点検&空気の補充をお願いするのもありだ。

 あとは、全体の目視。釘などの異物が刺さっていないか。サイドの部分に亀裂などが発生していないかをザッと確認。
亀裂については、なにかによってえぐられて発生するだけでなく、内部の油分が抜けてかさかさになって発生することもある(経年劣化)。細かい亀裂となるのが特徴で、たとえ溝が残っていても寿命なので要交換だ。

溝の使用限界を示すプラットフォーム。その場所はタイヤのサイドに▲印がある。通常の溝より一段高く、それが表面に出ていたら寿命だ
溝の使用限界を示すプラットフォーム。その場所はタイヤのサイドに▲印がある。通常の溝より一段高く、それが表面に出ていたら寿命だ

 そして一番重要なのが、溝の残量。これは溝の中にあるプラットフォームと呼ばれる一段高い部分が表面に出ていたら、限界ということになる。プラットフォームの位置はタイヤ側面に三角形などで目印が付いているので、わかりやすい。

 また、前輪ならステアリングを切るなどして、できるだけ正面から見る。そのうえで、内側/真ん中/外側で摩耗に大きな差がないかをまず確認。
少しなら問題ないが、大きく違う場合は、サスペンションなどの不具合が考えられるので、プロに点検してもらおう。

 タイヤは、命を預けていると言っても過言ではないパーツだけに、少しでも不具合があればプロに相談。寿命についても、まだもう少し使えるというのも絶対に禁物だ。

画像ギャラリー