スズキ・ワゴンRとスペーシアが進化版「S-エネチャージ」で燃費性能をアップ!

スズキ・ワゴンRとスペーシアが進化版「S-エネチャージ」で燃費性能をアップ!

■トップレベルの低燃費

 スズキから「ワゴンR」と「ワゴンRスティングレ−」、「スペーシア」と「スペーシア・カスタム」に“S-エネチャージ”を搭載モデルを8月18日より発売した。ワゴンR

 ワゴンR(スティングレー)のS-エネチャージは、モーターアシストする時間を従来の6秒から最長30秒まで拡大。速度域は従来の15km/h〜85km/hを発進後〜約85km/hへとなっている。さらにターボモデルにもS-エネチャージが設定され、モーターアシストは発進後〜約100km/hまでとなっている。
また、燃焼効率を高めるなどの改良をしたR06A型エンジンを組み合わせ33km/Lを軽ワゴントップレベルで実現。ちなみに前モデルと比べ燃費性能は0.6km/Lアップ。ターボモデルは軽ワゴンターボ車トップレベルの28km/Lをマークしている。
また、LEDフォグランプ(スティングレー)、青の加飾を施したヘッドランプ&リヤコンビランプなど、エクステリアの変更もされている。ボディカラーは、ムーンライトバイオレットパーツメタリックを新たに設定した。

 スペーシア(カスタム)は、ターボエンジン車に加速時にモーターでエンジンアシストするS-エネチャージを採用。モーターアシスト速度域をNAモデルより拡大することでアシストの頻度を増やし、パワー感のある走りと低燃費を実現。それにより、ハイト型2BOX軽自動車トップレベルの26.8km/Lを達成している。スペーシアT

 また、スペーシアにターボ車モデルを1グレード、スペーシア・カスタムにはXSターボとGSターボの2グレードという構成にすることで購入の選択の幅を広げた。スペーシアカスタムXSターボ

 また、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減システムや全方位モニター付メモリーナビゲーションなどを加え安全性能も確保。さらに新たにクルーズコントロールシステムと7速マニュアルモード付パドルシフトを採用した。スペーシアTにはLEDイルミネーションを備えたメッキバンパーなども採用し外観デザインの主張もした。

 価格は以下の通りだ。

カラーバリエーション

 ワゴンRが

グレード名エンジン駆動方式車両本体価格
・ミッション
FA660/DOHC 吸排気VVT2WD・CVT\1,078,920
4WD・CVT\1,199,880
FX660/DOHC 吸排気VVT2WD・5MT\1,134,000
2WD・CVT\1,144,800
4WD・5MT\1,251,720
4WD・CVT\1,265,760
FZ660/DOHC 吸排気VVT2WD・CVT\1,372,680
4WD・CVT\1,493,640

 スペーシアが

G660/DOHC 吸排気VVT2WD・CVT\1,274,400
4WD・CVT\1,395,360
X660/DOHC 吸排気VVT2WD・CVT\1,382,400
4WD・CVT\1,503,360
GS660/DOHC 吸排気VVT2WD・CVT\1,528,200
4WD・CVT\1,649,160
XS660/DOHC 吸排気VVT2WD・CVT\1,641,600
4WD・CVT\1,762,560

画像ギャラリー