速報!クルマ趣味が広がる9月開催の自動車イベントをチェック

速報!クルマ趣味が広がる9月開催の自動車イベントをチェック

■見るだけでも楽しめる秋の多彩なクルマイベント

 秋の気配が感じられる今日この頃。いよいよクルマ&クラシックカー・イベントシーズン到来だ。
この時期は毎週何処かで何らかの催しが開催されているほど数が増えてきた昨今。そこでWEB CARTOP編集部からお勧めのイベントをご紹介するので、参考にしていただきたい。

【関連記事】ホンダF1の魅力を体感! 2021年シーズン開幕を記念した特別展示会をウェルカムプラザ青山にて開催中

クラシックカーイベント9月6日(日)

イベント名:アバルトカップ2015Round3

 場所:千葉県山武市板川 ナリタモーターランド

 1992年に初開催されたアバルトカップ。もともとはアバルトがメインで開催されてきたが、近年ではそれ以外の車種も多く参加している。特にアルファロメオ75やSZ(ES30)などのトランスアクスル系も複数台参加し、テクニカルコースを積極的に攻略しているので、各車の走りを堪能することが出来るだろう。当日参加は15,000円で、見学、入場料は無料となっている。

アバルトカップ

9月6日(日)

イベント名:Tokyo Bayside Classic Cup Season3第2回

 イベントHP:TBCC ホームページ

 場所:千葉県袖ケ浦市林 袖ケ浦フォレストレースウエイ

 クラシックカーでサーキットを走るとなると、ハードルが高くなりがちだ。このイベントは、もっと積極的にサーキットを楽しんでもらおうと3年前にスタートした。そのために、ドライビングスキルや車両特性を踏まえ3つのカテゴリーに分けるほか、スポーツ走行などで、まずはサーキットに慣れてもらうための走行枠もある。年々参加台数も増え、今回は戦前車のヴィンテージクラスも設けられるほど規模が大きくなっているので、ぜひ見てほしいイベントだ。

 9月12日~14日

イベント名:富士マウンテンラリー

 イベントHP:富士マウンテンラリー ホームページ

 場所:山梨県南都留郡富士河口湖町 富士屋ホテル河口湖アネックス富士ビューホテル

 世界遺産の富士山を舞台に開催されるクラシックカーラリーイベント。戦前車から1960年代までに生産された約50台の車輛が参加する予定。12日、13日は所定のコースをそれぞれ250kmほど走行。いくつかのポイントでタイム計測競技も行われる。14日は富士屋ホテルで表彰式を行い終了となる。富士山や周辺の湖、森の中を駆け巡るクラシックカーを堪能できる魅力的なイベントだ。

9月20日

イベント名:スプレンドーレ榛名・86ミーティング

 イベントHP:スプレンドーレ榛名 ホームページ

 場所:群馬県高崎市 榛名湖畔駐車場

 参加資格は1990年までに生産された国内外の車輛。つまりトヨタAE86も同様だ。86ミーティングは、マンガの頭文字Dの聖地が榛名山であることから併催となった。参加車両の一部は伊香保近辺までのツーリングも行われる。昨年の参加台数は両イベント合わせて200台強。クラシックカーイベントというと輸入車が多い傾向にあるが、このイベントは日本車も多数参加している。今年は初めてクラシックミニのミーティングも開催。盛り沢山なイベントだ。

 9月20日

イベント名:GT-R Magazine presents R’s Meeting 2015

 イベントHP:R’Sミーティング ホームページ

 場所:富士スピードウェイ 静岡県駿東郡小山町

 日本最大の日産GT-Rのお祭りだ。全国から2000台ものスカイラインGT-Rや日産GT-Rのオーナーカーが集まる。そのほかスカイラインGT-Rの商品主管(そのクルマの責任者)やテストドライバーのトークショーを開催。他では聞くことの出来ないエピソードも語られる可能性もある。パーツメーカーやGT-Rを得意とするショップがブースを展開するほか、ミニカーショップも出店。イベント特価で販売されるグッズやアイテムも多数揃っている。GT-Rファンにとっては必見のイベントだ。

4268_
写真:交通タイムス社

 (レポート&写真:内田俊一)

画像ギャラリー