期間限定!ホンダのF1エンジン展に幻の名機が登場 (1/4ページ)

期間限定!ホンダのF1エンジン展に幻の名機が登場

■往年の名機が並ぶ

 9月1日より東京都港区南青山にあるHondaウェルカムプラザ青山で「F1エンジン展 ~最強パワーを追い求めて~」が行われている。1964~2000年までに登場した名エンジン9機が展示されている。

【関連記事】GR! ニスモ! モデューロX! 「儲からない」のに突如国産メーカーが「走り」にこだわるワケ

honda

  

 早速、時代順に紹介していこう。

〈RA271E〉
1964年に投入したホンダの記念すべきF1第1号マシンRA271に搭載された排気量1495ccのV型12気筒エンジン。エンジン型式のRA271E。試作エンジンRA270Eの発展型だ。その270とは、最高速が270km/hを目指すという意思を込めたコードナンバーである。ちなみにRAはレーシング・オートモビルの頭文字となっている。

 [動画]バラついたV12サウンドが揃う瞬間、ホンダミュージックへと変わる。

画像ギャラリー