BMWブランド初のプラグインハイブリッド「X5 xDrive40e」受注開始!

BMWブランド初のプラグインハイブリッド「X5 xDrive40e」受注開始!

■2Lターボ+モーターのシステム馬力は313psと4Lエンジンと同様

 BMWは、9月8日よりプラグインハイブリッドカー「X5 xDrive40e」の日本モデルの受注を開始。納車は2015年12月からを予定している。

説明をしたのは開発責任者のゲルハルト・ティールさん
説明をしたのは開発責任者のゲルハルト・ティールさん

 すでにプラグインハイブリッドカー「i8」と電気自動車「i3」を日本に導入しているが、こちらはBMW iとサブブランド。純粋なるBMWブランドとしてはスポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)のX5 xDrive40eが初のプラグインハイブリッドカーとなる。

digital retouch www.pixoleb.com

 今後、BMWとしてはハイブリッドは順次プラグインハイブリッド(PHEV)へと移行していくという。その先陣を切ったのが3シリーズ。マイナーチェンジで、アクティブハイブリッド3(直列6気筒ターボ+モーターを搭載)がラインアップから外れたのは、今後のPHEV戦略の表れといえよう。

2L直4ターボは、180kW(245ps)/5000~6500rpm、最大トルク350N・m(35.7kgm)/1250~4800rpmを発揮。電気モーターは、最高出力83kW(113ps)/3170rpm、最大トルク250N・m。トランスミッションは8速ATで駆動方式は4WD
2L直4ターボは、180kW(245ps)/5000~6500rpm、最大トルク350N・m(35.7kgm)/1250~4800rpmを発揮。電気モーターは、最高出力83kW(113ps)/3170rpm、最大トルク250N・m。トランスミッションは8速ATで駆動方式は4WD

 X5 xDrive40eが搭載するパワーユニットは、2L直列4気筒ターボに8速ATと一体化した高出力電気モーターを組み合わせる。システムトータルの最高出力は313ps、最大トルクが45.9kg-mと4Lエンジン並みのパワーを発揮する。モーターは停止状態からすぐに最大トルク250N・mを発揮するため、0-100km/h加速はわずか6.8秒と駿足だ。

 また、ラゲッジルーム下に搭載するリチウムイオンバッテリーは9kWh。走行モードをMAX eDriveにすると電気モーターのみで最高速120km/h、最長約31kmを走行することもできる(フル充電状態)。
燃費性能は、EUテスト・サイクルで3.3L/100km(30.3km/L)という優れた低燃費性を実現している。

X5 xDrive40eもちろん、プラグインハイブリッドカーとして、エコカー減税の対象車となる予定で自動車取得税・重量税が免税(100%減税)、翌年度の自動車税も75%減税となる。さらに経済産業省が推進する「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の対象となり、最大34万円の補助金を受給することも可能だ。

 このようにX5にxDrive40eが追加ラインアップされたことで、従来の3L直列6気筒ターボ(35i)、4.4LV型8気筒(50i)、3L直列6気筒ディーゼルターボ(35d)といったようにプラグインハイブリッド、高効率ガソリン、クリーンディーゼルといった3つのパワーユニットを選択することができるようになったわけだ。

グレード

エンジン

トランスミッション

希望小売価格

X5 xDrive40e

電気モーター + 2L直列4気筒DOHC

ツインパワー・ターボ・エンジン

8AT

\9,270,000

X5 xDrive40e xLine

\9,930,000

X5 xDrive40e M Sport\9,930,000

 X5 xDrive40eが発表されたのは9月4日にオープンしたばかりの東京都港区「BMW i Megacity Studio(メガシティ・ステュディオ)」。BMWのサブ・ブランド「BMW i(アイ)」のさらなる啓蒙を目的に、世界初となるBMW iブランド・ショールームだ。ここには常時、i3とi8が展示されている。

BMW i Megacity Studio概要
所在地:東京都港区西新橋2-16-6
車両展示台数:2台
営業時間:10:00 – 20:00
定休日:月曜日(但し、年末年始はクローズ)

 <関連記事>
2015年08月20日BMW3シリーズが新エンジンを搭載し最大24万円の価格ダウン!
2015年08月13日BMW「iシリーズ工場」見学!環境に優しいのはクルマだけではなかった

画像ギャラリー