ダイハツ「キャスト」は1車種で3タイプを選べる新感覚軽自動車 (1/2ページ)

ダイハツ「キャスト」は1車種で3タイプを選べる新感覚軽自動車

■アクティバ、スタイル、スポーツの3バリエーションを用意

 ダイハツが新型ワゴン系軽自動車「キャスト(CAST)」を発表した。ダイハツの軽自動車には、スポーティ仕様のカスタムと標準モデルといった異なる2タイプを設定する車種はあったが、キャストはなんと3タイプを用意する。一つ目はクロスオーバーテイストの「アクティバ」。二つ目はメッキ加飾などで上質感を演出する「スタイル」。三つ目はローダウンサスを採用したスポーティ仕様の「スポーツ」だ。

左からアクティバ、スタイル、スポーツ
左からアクティバ、スタイル、スポーツ

アクティバは見た目だけでなくSUV性能を確保

 この3タイプの中でもっとも車高が高くアクティブなフォルムを採用するのが「アクティバ」だ。
バンパー下やホイールアーチに樹脂製パーツを装着しタフギヤなイメージを演出。さらにガンメタ塗装を施したロアボディやサイドドアモール、165/60R15大径タイヤとクロスオーバーらしい逞しさをさらに盛り上げている。

キャスト アクティバ
キャスト アクティバ

  

キャスト アクティバ
キャスト アクティバ

 4WDモデルは、通常モデルより30mmも最低地上高180mm(前輪駆動モデルは175mm)を確保。悪路や雪道も余裕で走れるロードクリアランスを実現しているだけなく、4WD(4輪駆動)モデルは急坂を降りるときやぬかるみなどの滑りやすい路面でタイヤがスリップしないようにする制御を備えるなど、本格クロスカントリーモデルと同様な装備を標準化しているのだ。

アクティバインテリアは、運転席と助手席のパーソナル感を意識したデザインで、ブラックを基調にセンタークラスター各部にシルバーを配する。さらにオプションでパネルやトリムのカラーをブルー、オレンジ、ブラックから選ぶことができる。なお、ブラックはシート表皮などに高級感のあるレザーを採用するプライムインテリアとなる。

アクティバ
アクティバ

画像ギャラリー