電気のみで最長53.1km走れるエコでゴキゲンなゴルフ誕生! (1/2ページ)

電気のみで最長53.1km走れるエコでゴキゲンなゴルフ誕生!

■フォルクスワーゲン初のプラグインハイブリッドモデル

 世界中で愛されているVWゴルフ。1974年から始まったゴルフ史上初となる、プラグインハイブリッドモデル「GTE」が登場した。130km/hまでモーターのみで走行が可能、HVモードで23.8km/L(JC08モード)という燃費性能となっている。車両本体価格は499万円。

【関連記事】イチバン乗り!ポロGTI 6速MTモデルの日本仕様に乗った

ゴルフ

 定評のある1.4L直噴ガソリンターボエンジンと、80kW(109ps)を発生する電気モーターを組み合わせたパラレルハイブリッド式パワートレインを搭載。バッテリーは8.7kWhの高電圧リチウムイオンバッテリーとなっている。トランスミッションはハイブリッド用にアレンジした6速DSGだ。

 GTE専用に用意された4つのドライビングプロファイル機能により、E/GTE/ハイブリッド/バッテリーチャージという4モードを選択して走行可能。モーターのみでの発進、バッテリー残量の低下や加速時にエンジンが始動するというのは他のハイブリッドモデルと同様だが、一番の注目ポイントはGTEモードだろう。

画像ギャラリー