スーパーGTでお馴染みの「ZF」社フルラッピングバスが都内に登場!

スーパーGTでお馴染みの「ZF」社フルラッピングバスが都内に登場!

■今年で会社創設100年となるZF社のバスに注目!!

 国内最高峰の自動車レースのスーパーGT。そのテクニカルパートナーになっているドイツのZF社のフルラッピングバスを東京都交通局が走らせている。

【関連記事】税金でオリンピックへ寄付の謎を交通局に直撃! 都バスがナンバーを付け替える費用の出所とは

ZFバス

 自動車関連備品の総合メーカーであるドイツのZF社は、1915年に設立。1919年より乗用車用の8馬力向けトランスミッションとレバー型トランスミッションを製造した。1930年頃にはBMW社、メルセデス社など向けたシンクロナイザーを搭載したトランスミッションが投入された。

写真は東京駅乗り場
写真は東京駅乗り場

 今年で創業100周年を迎えたZF社は、2013年よりシリーズパートナーとしてスーパーGTに参画している。2014年から「SUPER GT」の各レースにおいて最も顕著な活躍を見せたメカニックを表彰する「ZFアワード」を開始。レースウィークを通して素晴らしいパフォーマンスをしたメカニックを表彰するという活動を続けている。

 また、ZFモータースポーツアンバサダーが、モータースポーツの楽しさをナビゲートをしている。

  

フルラッピング車両だ
フルラッピング車両だ

 ZFデザインによる都営バスのフルラッピングバスが運行している場所は、東京〜晴海埠頭を走るものと、新橋〜渋谷間を通る二通りのルートを走行。都内でも目につきやすい場所を中心に毎日走っている。10月29日から開催される、第44回東京モーターショー2015へのZFジャパンの出展を広くPRしようとしたもの。各ルートに配置されるラッピングバスは、9月1日より11月末まで下記ルートを走行する予定だ。クルマ好きでなくても、ぜひともチェックしておきたいラッピングバスだけに、運行情報も忘れずにご確認を!

 東京都交通局の路線バス2台

○都05 深川営業所 (東京・銀座・晴海エリア発着) 1台

○都01 渋谷営業所 (新橋・六本木・渋谷エリア発着) 1台

運行情報

ZF公式ホームページ

画像ギャラリー