[フランクフルトショー]トヨタC-HRコンセプトはコンパクトSUV市場を制覇する?

[フランクフルトショー]トヨタC-HRコンセプトはコンパクトSUV市場を制覇する?

■2016年のジュネーブショーで市販SUVモデルを発表予定!

 9月15日(一般公開は9月19〜27日)よりドイツで開催されているフランクフルト・モーターショー2015で、トヨタは、新世代のコンパクトクロスオーバー「TOYOTA C-HR Concept」を世界初披露した。C-HR

「TOYOTA C-HR Concept」は、ダイヤモンドをモチーフにした軽快さと力強さが大胆に融合したスタイリングを実現する。
知的で明晰な印象を与えるフロントマスクは、立体的なTOYOTAマークの強調の「キーンルック」や、アンダーグリルを強調した「アンダープライオリティ」を融合している。

C-HRじつは、2014年9月に同名のコンセプトカーを発表しているが、今回はより市販化に近づけたデザインスタディとして、外板色を変更(含むブラックルーフ化)するとともに5ドア仕様としている。

 ここで注目したいのがフロントドアが大きく5ドアに見えないフォルム。
そして「5ドア仕様」とリリースに書かれている。もしかすると3ドアモデルも用意されているかもしれない。

 ボディは、「Toyota New Global Architecture(略称 : TNGA)」の取り組みにより高い剛性を追求。操縦安定性・乗り心地の向上を目指す。さらに、エンジンの最大熱効率40%以上を追求するとともに、モーター、電池などハイブリッドシステムのコンパクト化・軽量化を図り、一層の低燃費実現を目指す。
先に発表された新型プリウスの技術を投入していることは間違いないだろう。
ボディサイズから想像するに、ライバルはマツダCX-3やホンダ・ヴェゼルといったところだろう。

「TOYOTA C-HR Concept」の市販モデルは、2016年3月開催のジュネーブモーターショーで公開する予定だという。

画像ギャラリー