[フランクフルトショー]テスラが7月に発表した進化版モデルSをお披露目

モデルS P90Dは0~60マイル2.8秒などスペックアップ版

 ドイツ・フランクフルト市内で9月17日から開催されるフランクフルト・モーターショー(通称:IAA)。この世界最大のモーターショーにテスラモーターズも出展。そこで展示されたのは、この7月に発表された『進化したモデルS』であった。

【関連記事】なんと150万円以上の値下げも! テスラモデル3の「激安化」と国産メーカーへの「不安」

TeslaSp90d001進化したといっても、残念ながら内装および外観に違いはない。このフランクフルトモーターショーのテスラ・ブースのセンターに置かれているのが、その新モデルである「モデルS P90D」である。車両グレード名「P90D」は、ノーマルモデルよりも出力特性の高いパフォーマンスモデルを表す「P」、次にバッテリー容量を表す数字、そしてモーターを前後に2基搭載するデュアルモーターモデルを表す「D」という意味である。

TeslaSp90d003これまでバッテリー搭載量が最大のモデルといえば85(85kWh)であったが、さらに5kWアップとなり、一充電当たりの航続可能距離は約6%伸びるという。つまり最大約550km前後の航続距離が与えられることとなった。ちなみにモデルSはホイールベース間の床一面に18-650タイプのバッテリーが搭載されているのだが、今回の容量アップについては、既存モデルと同じスペースに収まっているという。

 その性能もさらにアップしている。オプション設定のルディクリス・モード(Ludicrous Mode)を使用すれば、なんと0-60mile/h(時速約96km)加速が2.8秒である。そして最高速度は250km/hとなる。

TeslaSp90d004ちなみにこの90kWhバッテリーパックは、85kWhモデルからのオプションでの追加選択ができるという。もちろん、これまで同様に8年間距離無制限のバッテリーとドライブユニットの保証が付いている。

TeslaSp90d002今回は、6%のバッテリー容量アップとなっているが、今後、リチウムイオンバッテリーの進化等によって、毎年約5%ずつバッテリーの容量を増やしていくということも言われており、毎年20~30kmずつ航続距離が伸びるという計算になる。また、性能向上とともに廉価モデルも発表されているテスラ。今後も目が離せない。

画像ギャラリー