[渋滞情報]シルバーウィークの渋滞と天気の直前予測情報!

[渋滞情報]シルバーウィークの渋滞と天気の直前予測情報!

■出発前に要チェック!

 5連休という人も多い、今年のシルバーウィーク。観光地には多くの人出が見込まれるが、そうなると気になるのは、高速道路の渋滞。渋滞

 NEXCO東日本の「渋滞予報ガイド」によると、下りのピークは20日で、以下21日、19日と続く。一方、上りのピークは、21日と22日が同率首位で、3番目が20日。

NEXCO
渋滞予報ガイドより

 より細かく見ていくと、18日(金)に、15km以上の渋滞が発生しそうなのは、東名高速(下り)音羽蒲郡IC付近と、東名高速(下り)秦野中井IC付近、東名高速(上り)大和TN付近の3カ所(いずれも東名高速)。

NEXCO
渋滞予報ガイドより

 19日(土)の上りは、中央道の屏風山PA付近と、東名高速の赤塚PA付近、さらに東名高速の大和TN付近で最大20km以上の渋滞が見込まれている。

 そして、このシルバーウィーク期間中最悪の渋滞は、東名高速(下り)、音羽蒲郡IC付近。20km以上の渋滞が、18日の22時から、19日の18時まで続き、ピーク時は30kmとなる!

 この付近へのお出かけは、できるだけ避けた方が無難だろう。

 上りは、前記のように21日と22日がピークで、中央道の小仏TN付近や、東名高速の大和TN付近など、おなじみの渋滞の名所が、激しく混む模様。

 ただし、多くの渋滞個所は、午前中はそれほど混んでいないので、時間をずらして移動すれば、けっこう快適かもしれない。

 また、東京湾アクアラインは、この連休中、毎日のように渋滞発生時間があるので要注意。ただし、フルタイムではないので、ここも時間を調整することで回避できる可能性が大。

 ただし、天気予報を見ると、西日本は連休前半が比較的好天の予定で、東日本は連休後半が秋晴れとのこと。関東地方に限っていえば、連休の真ん中付近がやや曇りがちという予報が出ている。

ウェザーニュースより
ウェザーニュースより

 もっとも、台風20号の今後の進路に天気はかなり影響されるので、天気予報は最新情報をチェックしよう。

 というわけで、総括すると、渋滞、天気共に芳しくない、21日の日帰りドライブは、いまのところワーストパターンといえるかも!?。

 反対におすすめできるのは、房総半島方面や、信州方面へのドライブ。上手に渋滞発生時間と渋滞発生ルートを避ければ、快適なドライブが期待できそうだ。72GN1113

 紅葉にはまだ早いかもしれないが、フルーツ狩りにはもってこいの季節。房総半島ならシーサイドドライブと魚介類のグルメ、信州なら温泉めぐりなども楽しいかのでは?

  

 ちなみにスマートフォンで、リアルタイムの交通状況、渋滞予測をチェックできる、「ドライブトラフィック」などのアプリをインストール(無料)しておくのも大きなポイント。

 カーナビのデータが最新ではない人なら、グーグルマップのナビ機能がかなり秀逸と評判なので、これも覚えておくといいかもしれない。

 いずれにせよ、安全運転で、楽しいシルバーウィークになりますように。

画像ギャラリー