[フランクフルトショー]インフィニティからプレミアムコンパクトQ30登場!

ダイムラーと共同開発のFFコンパクトプレミアムハッチバック!

 前回のフランクフルトショーで公開された「Q30コンセプト」から2年、市販モデル「Q30」がついに登場。過去にインフィニティにはFFをベースにしたモデル(初代プリメーラがベースのG20、2代目セフィーロがベースのI30)もあったが、Q30はベース車を持たないオリジナルモデルとしては初のFFであると同時に、初のコンパクトプレミアムハッチバックである。

Q30_001すでに公表されているが、Q30はダイムラーとの共同開発によって生まれたモデルだ。関係者に話を聞くと「ダイムラーからプラットフォームを提供してもらい、それにインフィニティのボディを載せたのではありません。インフィニティの要となるような要求はシッカリと盛り込んでもらっています。ただ、ダイムラーはパートナーではありますが、基本的には別の会社。設計思想、開発手法も異なりますので、今までのようなルノー/日産での共同開発とはちょっと違いましたね」と語る。

Q30_002エクステリアはコンセプトカーほど先鋭的ではなくなったが、スタイリングはほぼ忠実に再現されている。インテリアは左右非対称で、上級モデルのQ50やQ70よりもインフィニティらしさがあるスポーティなデザインに仕上がっている。ちなみに細かな部分を見ていくと“共同開発の証”となる部分も見受けられた。

 パワートレインは、ガソリンが1.6リッターターボ(出力違いで2タイプ)と2.0リッターターボ、ディーゼルは1.5リッターターボ、2.0リッターターボと豊富なラインナップ。トランスミッションは6速MTと7速DCTの組み合わせだ。

 現時点では日本導入はないようだが、発表してから我々メディアはもちろん、何と日産の関係各所から「何で日本にはないのか?」という声が数多く上がっているようだ。サイズ、質感、走りと、日本市場でもかなり商品力が高いモデルだと思うのだが、今後の動向に注目したい。(撮影:青山義明)

画像ギャラリー