[動画]ホンダ最後の2ストロークNSR500最強エキゾースト!

[動画]ホンダ最後の2ストロークNSR500最強エキゾースト!

■18年続いた技術の結晶、2ストロークGPマシンの咆哮!

 8月末に栃木県芳賀郡茂木町にあるツインリンクもてぎ南コースで、ホンダコレクションホール内に転じアルマシンの動態テストが行なわれた。今回は、レギュレーション上で惜しまれつつも最後となった2002年2ストロークエンジンのホンダNSR500を動画をご紹介したい。ホンダ

 2002年にホンダが送り出した最後の2ストロークGPマシン。このシーズンは2ストロークエンジンと4ストロークエンジンの混走となった。排気量は499ccで180PS以上誇った、ホンダNSR500は、18年間世界の頂点で戦ってきた技術が詰め込まれていた。
しかし、倍の排気量が認められている4ストマシンとの性能差を埋められず、前年の世界選手権250cc王者である加藤大治郎が駆るも、勝利を挙げられずにシーズンを終了。時代は切り替わった。

 


画像ギャラリー