ホビーショーで見つけた新作ミニカーは気になるものばかり!

ホビーショーで見つけた新作ミニカーは気になるものばかり!

■いくつになっても何個でも欲しいのが大人のミニカー趣味!

 9月25日から9月27日まで東京都江東区にあるお台場ビックサイトで第55回全日本模型ホービーショーが行われた。そこで読者がワクワクしちゃいそうなミニカーのご紹介をしたい。ミニカー

京商

 京商モデルと言えば、1/18スケールの可動部開閉のミニカーだ。おもわず「おっ!」と思ってしまうラインナップを紹介。

ミニカー

国際貿易

 自社ブランドのアミシリーズは、車や飛行機にとらわれないジャンルのアイテムをラインナップしている。
コレクターのみならず、特撮映画ファンには涙もののミニカーだ。

トミーテック

ミニカータカラトミーグループのトミーテックは、TOMYよりマニアックな目線でミニカー作りをしている。昔懐かしのチョロQを現代に復活させたり、トミカのハイグレードバージョンなどを発売。

 会場には来年公開予定の「さらば あぶない刑事」で実際に使用された日産GT-Rを展示。

EBBRO

 美しく再現されたシルエットや作り込みが人気のエブロは、クラシックカーのミニカーをメインとして展開している世界的にも評価の高い会社。今回はF1モデルにも一段と熱が入っていた!

インターアライド

 自動車の他、ミリタリーのホビーを展開しているインターアライド。会場ではMZレーシングのマツダ・ロードスターを展示。

MZレーシングのマツダ・ロードスター
MZレーシングのマツダ・ロードスター

タミヤ

 世界中で模型と言えばタミヤ。タミヤと言えば模型! といわれるほど知名度や造りの良さ、クォリティで圧倒的な人気を誇る。そのタミヤでは、マツダ・ロードスターやスズキ・ジムニーのラジコンカーや精密プラモデルを展示していたので紹介しよう。

ベールを脱いだばかりのラジコンは新型ロードスターだ
ベールを脱いだばかりのラジコンは新型ロードスターだ

サンリッチジャパン

 アメリカのミニカーを輸入しているサンリッチジャパン。展示品に1/18スケールのホンダNSXコンセプトが\17,000で販売していた。

  

画像ギャラリー