[第44回東モ特集2]東西ホールのブースを事前チェックし楽に回る!

[第44回東モ特集2]東西ホールのブースを事前チェックし楽に回る!

東京モーターショーを楽しむには事前に研究し無駄無く見学!

 お台場のビッグサイトに会場が移ってから、より重要なポイントになっているのが、ブースをどう回るかということ。一カ所にズラリと並んでいれば順番に見ていけばいいのだが、ビッグサイトでは東ホールと西ホールに大きく分れる。単純に隣り合わせであればいいのだが、通路によって結ばれていて、これが結構長いのだ。

【関連記事】[第44回東モ特集1]プレスデーに入れる1万枚限定プラチナチケットもアリ!

モーターショーしかも人混みのなかだから、なおさらだ。だから、基本的に行ったり来たりは避けたほうがいい。

 東ホールと西ホールで、大きいのは東ホールのほうで、多くの自動車メーカーと部品メーカーのブースが並ぶ。とはいえ、西ホールは見どころに欠けるかというとそんなことはまったくないから悩ましい。

 事前に自分の見たいメーカーはどこにあるのかをしっかりと把握しておくことは大切で、回る順番をシミュレートしておくといい。マップで見ると、スムースに行けそうだが、当日は大勢のひとが来場するので、どこにどのブースがあるか以前に、どこにいるのかすら分からないこともある。「行ってから考えればいいや」では見落としなども出てしまうので注意したい。

モーターショーそのうえで、東ホールと西ホールのどちらから回るか。もちろん基本的には好きなほうから回ればいいが、ひとが少ない開場直後は西ホールのほうが空いていることが多い。人間というのは、左回りに流れやすいから、自然な流れとして東ホールに行きがちだからだ。この法則は、各ホール内にも当てはまるので、覚えておいて損はないだろう。

 ちなみに西ホールは上下で2フロアになっていて、長いエスカレーターでつながっている。意識していないと、下のフロアだけ見ておしまいということもあるので、忘れないでエスカレーターに乗るようにしよう。ちょっとした予習とちょっとした工夫が、モーターショーをより深く楽しむことになるのだ。

東京モーターショー公式ホームページ

  

画像ギャラリー