フェルディナント ヤマグチ第3弾 「引っ越し」の免罪符はどこまでOKか? (1/2ページ)

フェルディナント ヤマグチ第3弾 「引っ越し」の免罪符はどこまでOKか?

転勤族の強い味方はクルマ社会の敵になる!?

 秋は引っ越しのシーズンです。

 学生さんにはピンと来ないかもしれませんが、多くの企業では半期末である9月に人事異動が有り、転勤も多く発生するのです。異動の三ヶ月くらい前からそれとなく当人教えてくれる優しい会社もありますが、これが金融機関(特に銀行)となると悲惨です。引っ越し画像はこちら
金曜日の朝に呼び出されて、「君は来週から大阪だから」と一方的に通告されたりするのですから堪りません。もう全くの問答無用。泣こうが騒ごうがお構いなし。文句が有るなら辞めやがれ、お前の代わりはナンボでもおるんじゃ……と言わんばかりの扱いです。

 通告された当人は、大慌てでトイレに駆け込んで、「大阪に転勤が決まった」と奥方にスマホで連絡を取るわけですが、ここでまた第二の悲哀が待っている。「アラ大変ね。単身赴任ご苦労様」と家族からも勤務先同様に冷遇されるのか。はたまた「アラ大変。すぐに住む所を探さなくちゃ。大阪には同級生のヒロコがいるから、今から聞いてみるわ」となるのか、運命の分かれ道です。

 人生いろいろ、仕事もいろいろな訳ですが。ともかく様々な思いとともに、秋は引っ越しのシーズンです。

 そして引っ越しには、必ず“引っ越し作業”が伴います。引っ越し画像はこちら

 テレビにタンスに冷蔵庫。鍋釜ヤカンに炊飯器。何しろ家財道具一切合財を運ぶのですから大変です。当然引っ越しのプロである運送業者に頼むことになる。

 で、この写真です(次のページへ続く!)。

画像ギャラリー