TOYOTA 86とFIAT 500のキーマンによる秘話続出の特別対談

TOYOTA 86とFIAT 500のキーマンによる秘話続出の特別対談

ワクワクするクルマ〜長く愛されるTOYOTA 86とFIAT500

 TOYOTA86のチーフエンジニアである多田哲哉さんと、フィアット500のデザイナーであるロベルト・ジョリートさんがトークショーを行った。日伊が誇る「ワクワクするクルマ」をトークテーマに、それぞれの理想とするクルマ像について語り合った。

カスタマイズされたTOYOTA 86とFIAT 500の前で上機嫌のおふたり
カスタマイズされたTOYOTA 86とFIAT 500の前で上機嫌のおふたり

 これは、名古屋とトリノが姉妹都市提携をして10周年ということを記念したもので、名古屋駅からほど近い、トヨタ産業記念会館で開催された。

今回のトークショーは名古屋駅からほど近いトヨタ産業技術記念館で開催された。トヨタのモノづくりを一望できる楽しい施設だ
今回のトークショーは名古屋駅からほど近いトヨタ産業技術記念館で開催された。トヨタのモノづくりを一望できる楽しい施設だ

 一見関係性がないように思えるTOYOTA 86もFIAT 500だが、どちらも珍しく数字の名称。さらに過去にはAE86やチンクェチェントという名車と呼ばれるクルマがあって、現代に復活したという共通点がある。多田さんは、かつてラウムの開発担当していたときに、FIATのムルティプラの内装の使いやすさに感化され、開発の参考にしたという話や、86の開発時にスポーツカー作りの秘策を探りに、アバルト社を尋ねたというエピソードを話した。

左から、在大阪イタリア総領事:マルコ・ロンバルディさん、トヨタ自動車:多田哲哉CE、FIATのデザイナー:ロベルト・ジョリートさん、FIATジャパンのティツィアナ・アランプレセさん、名古屋市市長室次長:小林史郎さん
左から、在大阪イタリア総領事:マルコ・ロンバルディさん、トヨタ自動車:多田哲哉CE、FIATのデザイナー:ロベルト・ジョリートさん、FIATジャパンのティツィアナ・アランプレセさん、名古屋市市長室次長:小林史郎さん

 トークショーが開催された日はFIAT500Xが発表されたのと同じ日ということもあり、FIAT500Xのデザインコンセプトについて、熱のこもった話をロベルト・ジョリートさんから聞かせてもらうことができた。多田さんは、FIAT500のように派生車種が生まれることについて「非常に羨ましいと思っています」と話し、86にもオープンカーやその他タイプが誕生することが理想的だと語った。

 このトークショーの詳しい内容は、12月10日発売のXaCAR 86&BRZ magazineで掲載する予定なのでお楽しみに。

FCA公式ホームページ

トヨタ公式ホームページ

画像ギャラリー