[第44回東モ特集14]60周年パレードに70台もの旧車や名車が走る!

日比谷公園をスタートする70台のエントリーリストがスゴイ!!

 第44回東京モーターショー2015の前週となる10月24日(土)9時〜10時30分に、60周年記念のパレードランが行なわれる。スタート地点は東京モーターショーの聖地・日比谷公園近辺で、70台もの名車や旧車に各メーカーの社長などが乗り込み銀座を目指す。

※イメージ画像
※イメージ画像

 東京モーターショーの記念すべき第1回開催が1954年であり、東京モーターショー開催年ではない昨年が、正式には60周年となる。この長い歴史の中で、日本はモータリゼーションの成長から苦闘など様々な経験を積んできた。その長い歴史の主役ともいえるのが、各時代に生まれてきた自動車である。そんな各時代のヒーローたちが集い、記念パレードランを実施する。

 参加車両は1950年代をはじめとする各年代を代表する乗用車、商用車、二輪車の70台。主催する日本自動車工業会加盟各社のトップがハンドルを握る予定なので、クラシック車両もベストコンディションでのぞむことは間違いない。ノスタルジックなエキゾーストは繊細かつ長閑。三丁目の夕陽な気分の一方で、高層ビルとのミスマッチ感覚もまた味わい深いのではないだろうか。みゆき通り

 日比谷公園近くの銀座みゆき通りから始まるパレードは、日本橋から銀座を巡る約6kmのコース。パレードラン終了後は、日比谷シャンテ近くの歩行者天国での展示が予定されている。60年の時間をイッキにタイムトリップできる楽しみなイベントとなる。参加車両や詳細はこちらで確認してほしい。screencapture-www-tokyo-motorshow-com-press_release-20150917dat-20150917-02-pdf-1444526818283WEB CARTOPでは普段見られない同型車(注:写真の車両とパレードに出走クルマは異なります)を一部ピックアップして紹介。

 〈WEB CARTOP編集部注:パレード参加車両は紹介しているクルマとは年式、色が異なります〉

東京モーターショー公式ホームページ