[第44回東モ特集8]ダイハツは「ノリオリ」など親子で楽しめるクルマを展示! (1/2ページ)

[第44回東モ特集8]ダイハツは「ノリオリ」など親子で楽しめるクルマを展示!

覚えやすいネーミングのコンセプトカーでポイントアップ!?

 東京都江東区にある東京ビックサイトで、10月30日から11月8日まで東京モーターショーが行われる。
ダイハツは、「ノリオリ」「テンポ」「ディーベース」「ヒナタ」の4台を出展する。

 東展示棟4ホールに位置するダイハツブースでは4台のコンセプトカーの他、市販車10台を展示。

 今回モーターショーにおけるダイハツのテーマは「軽自動車をさらに進化させることで、日常の生活に楽しさや喜びをプラスし、乗る人全てが笑顔に」がコンセプト。

〈ノリオリ〉

 全てのユーザーがクルマに対して直面するハードルとして「乗り降り」に着目。スモールカーを目指しながらも、超低床フロアに2ウェイアクセスドアで車両のサイド、そして後ろからも乗り降りが可能。助手席側の大開口ドアには電動スロープを備え、フラットフロアの車内へのアクセス性を高めている。ベビーカーから車いすまで幅広い用途で、乗り降りのしやすさを追求。そして折りたたむことなく2台の車いすを載せることが可能な室内空間を実現。”近未来のマルチユースコミューター”を提案している。

画像ギャラリー