[第44回東モ特集12]レクサスの新Fモデル「GS F」と謎のコンセプトカーが登場!?

[第44回東モ特集12]レクサスの新Fモデル「GS F」と謎のコンセプトカーが登場!?

LEXUSブースではGS Fをはじめ全11車種を出展

 10月28日からの12日間、東京お台場にある東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される第44回東京モーターショー2015でのレクサスの出展内容が公開された。

 公開された情報によると、レクサスの高性能スポーツ車種として展開している「F」に新たに加わる「GS F」、マイナーチェンジを受けるGSがこの東京ショーで日本初公開され、全11車種が出展されるという。

【関連記事】ジャパンオリジナルのクラウンは14代目のビックマイチェンでさらに洗練!

20151009_GS_FGS Fは、今年1月に米国デトロイトで開催された「北米国際オートショー2015(通称デトロイトモーターショー)」で公開されたモデルで、これまでのFモデル同様、V型8気筒5リッターエンジンに専用の8速ATである8-Speed SPDS(Sport Direct Shift)、さらに専用サスペンションなどで武装している。もちろん外観にも大型のスピンドルグリルと大型エアダクトなどを採用し、ノーマルモデルとは異なるスポーツマインドを外観でも醸し出している。インテリアでは表皮一体発泡工法で成型されたホールド性の高い専用スポーツシートを採用している。

20151009_GS2012年に国内では2代目モデルとして登場したGSのマイナーチェンジモデルも今回国内初公開となる。プロントバンパーからロッカーモール、リアコンビランプまでデザインを一新。さらにLEDヘッドランプを全車採用し、さらにアダプティブハイビームシステムのオプションも設定。V型6気筒3.5リッター・エンジンは、シリンダーブロックを刷新し、新世代D4-Sシステムとアトキンソンサイクルを組み合わせ、燃費性能もさらに向上するものとみられる。このGSのマイナーチェンジモデルも、今年8月の「ペブルビーチコンクールドエレガンス」で出展されすでに公開されているモデルであり、国内市場投入は2015年内ということだ。

20151009_RXまた、SUVらしさと気品を併せ持つプレミアムクロスオーバーとして人気のRXも、新型登場する。こちらは近日発売予定のモデルである。ボディ構造やサスの改良によって、乗り心地とドライブの応答性を上げているのが特徴。また、新たに直4インタークーラーターボ付きの2.0リッター直噴ターボエンジンを加えることで、バリエーションがさらに拡がることとなる。

 さらには、世界初公開となるコンセプトカーを出展するという。残念ながらこのコンセプトカーの詳細は不明である。東京モーターショー当日を待ちたい。

画像ギャラリー