[第44回東モ情報9]スバルが「VIZIV FUTURE CONCEPT」と「IMPREZA 5-DOOR CONCEPT」を世界初公開! (1/3ページ)

[第44回東モ情報9]スバルが「VIZIV FUTURE CONCEPT」と「IMPREZA 5-DOOR CONCEPT」を世界初公開!

「New SUBARU Story」として2種のコンセプトカーと10モデル出展

 スバルは、第44回東京モーターショー2015において、2種類のコンセプトカーをワールドプレミア。ほかにも10月28日発表予定の市販モデルを含めた10台のモデルを出展すると発表した。

VIZIV_FUTURE_ EXT 
SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT(スバル ヴィジヴ フューチャー コンセプト)

 今回の東京モーターショーのスバルブースのテーマは、「New SUBARU Story」。スバルは安心で愉しいクルマを提供することで、お客様のアクティブな世界が広がり、人生の新たなストーリーがスタートするきっかけとなることを目指しているとのこと。

 ブースでは、スバルが提供する安心で愉しい世界観を5つの大型スクリーンを活用した劇場型ブース「SUBARU Life Theater」にて紹介する予定となっているそうだ。

 主な出展車両をここで紹介しよう。

■SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT(スバル ヴィジヴ フューチャー コンセプト)

 自動運転機能などの先進安全技術を搭載し、スバルが提案する安心で愉しいクルマづくりの将来ビジョンを具現化したSUVタイプのコンセプトモデルだ。

スバルらしさの象徴であるヘキサゴングリルからサイドへ流れ、リヤピラーへと駆け上がる一連の力強いモチーフと、バンパーのダイナミックでワイドなモチーフにより、SUVらしいスタイルを表現
スバルらしさの象徴であるヘキサゴングリルからサイドへ流れ、リヤピラーへと駆け上がる一連の力強いモチーフと、バンパーのダイナミックでワイドなモチーフにより、SUVらしいスタイルを表現

 エクステリアは「スバル×アクティブライフ」をデザインコンセプトに、アクティブに出掛けたくなるデザイン・パッケージとし、スバルのデザインフィロソフィー「DYNAMIC(躍動感)×SOLID(塊感)」を具現化している。VIZIV_FUTURE_EXT 

 また、メカニズム面ではアイサイトを進化させた先にある自動運転技術やダウンサイジングターボとハイブリッドシステムを組み合わせたパワーユニットの採用など、スバルらしい安心で愉しいドライビングを実現する次世代技術を提案したコンセプトカーとなっている。

画像ギャラリー