身長34センチのトヨタ製ロボット、キロボ・ミニは会話も可能!

身長34センチのトヨタ製ロボット、キロボ・ミニは会話も可能!

賢い頭とやさしい心のKIROBO MINIが東京モーターショーに登場!

 トヨタは東京有明ビックサイトで10月30日から開催される第44回東京モーターショー2015に「KIROBO MINI(キロボ・ミニ)」という、人間に常に寄り添える小型ロボットを展示する。クルマの新しい付加価値を向上させるための新たな取り組みだと言う。

KIROBO_MINI_001

 “TOYOTA HEART PROJECT”の一環として東京大学/ロボ・ガレージ/トヨタ/電通の4社を中心に開発され、初のロボット宇宙飛行士として国際宇宙ステーションに運ばれたのが、ロボット「KIROBO(キロボ)」だ。宇宙ステーションで若田さんと会話したロボットとして話題になったのを覚えている人多いはずだ。
その「KIROBOのかしこい頭と優しい心」をそのままに、さらにコミュニケーションパートナーとしてつねに寄り添えるサイズ(座高100cm 身長340cm)まで小型化を追求したのが、KIROMO MINI(キロボ・ミニ)だ。

 どんなコミュニケーション方法が可能かというと「雑談や思い出話のような何気ない会話を一緒に楽しむ」ことができたり、「話し相手を見つけて反応する、その表情や仕草などに愛着を感じる」というから驚きのメカニズムが搭載されているようだ。さらに「思い出などを共有し、自分に合わせて変化。成長する」となっている。また笑顔を認識して手を振ったりするというのだから、ハートウォーミングな仕草や会話に心をくすぐられるに違いない。

 座った状態の座高は100mmとまさに手のひらサイズの「KIROBO MINI(キロボ・ミニ)」は、東京モーターショーのトヨタブースでプチ体験できるという。興味のある方は、ぜひとも会場に足を運んでコミニュケーションを図ってみてはいかがだろう。

トヨタ公式ホームページ

東京モーターショー公式ホームページ

画像ギャラリー