吉田由美の「ベンツ試乗&フランクショーのドイツ旅 」その3

吉田由美の「ベンツ試乗&フランクショーのドイツ旅 」その3

新しいベンツのAクラスはサーキットでも安定感抜群!

 わたくし、吉田由美はドイツにふたつの目的があってフランクフルトに。そして三回目の旅のお話は、フェイスリフトされて凛々しくなった「新型Aクラス」の試乗です。どんな試乗になったのかしら!?

  

【関連記事】吉田由美の「ベンツ試乗&フランクショーのドイツ旅 ♪」その①

1欧州ではすでに今年9月末に発売されていますが、日本でも人気の高いモデルだけに大注目の一台。フランクフルトから飛行機で約1時間。ドレスデンに移動していよいよ…なのですが、フランクフルトを出発する時に、約1時間遅れるというアクシデント。帰りがドレスデンからフランクフルトで乗り換えてそのまま羽田へ行き、その足で横浜でのイベントに出演する予定の私は、後のことを考えてひとりドキドキなのでした(笑)

1-2

 ドレスデンの空港は、かなり‘こじんまり’としていますが、空港を出て目の前にこんな大きな看板が!ドイツ語の文字で「ドイツに来てます」感たっぷり。コミュニケーションカラーである黄緑色の「エルバイト・グリーン・メタリック」が鮮やか。

2

 空港内にはメルセデスベンツAクラス専用カウンターが登場!さすがに空港を貸切とまではいきませんが、小さい空港なので、ほぼそれに近い感じ。このカウンターで試乗するクルマを決めたり、簡単にコース説明などが行われます。

  

3 (1)スイッチ類の場所やデザインなども、いかにもメルセデスベンツらしいインテリア。「ダイナミックセレクト」を使ってエンジンやトランスミッション、エアコンの出力などをコントロールしてくれます。普段は「エコ」モードや「コンフォート」モードを使いそうですが、速度無制限のアウトバーンを走るときは「スポーティ」や「スポーティ+」がよさそう。

  

4試乗車のラインアップは、ガソリンの「A160」「A200」「A220 4MATIC」「A250」「A250スポーツ」「A250 スポーツ4MATIC」、ディーゼルエンジンの「A200d 4MATIC」「A220d」「A220d 4MATIC」「AMG A45 4MATIC」。まずは「A250スポーツ 4MATIC

 (218ps)」に試乗。

  

5空港から約100km走行して着いた先は「ユーロスピードウェイ・ラウジッツ」というサーキット。ここでは「AMG A45 4MATIC」に試乗。先導車のAMG GTをドライブするインストラクターは、F1で鈴木亜久里さんとチームメートだったベルント・シュナイダーさん。私はすぐ後ろをイイ感じで走らせていただき、他の国のプレスの人に褒められまくり。限界が高いので、私の運転では安定感抜群です。

  

6ドレスデンの夜はホテル近くのお洒落なレストランでオフィシャルディナー。各国それぞれのテーブルに開発担当の方などが来て、直接話が聞けるのも国際試乗会の醍醐味。そして中庭にはライトアップされた新型Aクラス…。素敵です。

  

7泊まっているホテルも貸切りだった様子で、エレベーターの中にまでAクラスの映像が流れるおもてなしっぷり。まさにAクラス一色。

8

  

 ドレスデンは旧東ドイツ領で、歴史的建造物が数多く残っている美しい街。どこでも絵になります。今回、撮影した「君主たちの行列」という壁画や、聖母教会なども、今度ゆっくり行ってみたいものです。

9

 ランチのポイントはホテルから約100キロ先にある小さな川沿いのレストラン。ここまでまたまた「A250スポーツ 4MATIC」。どのモデルにも今や標準で設定されている車間距離を保ちながら全車速追従する機能「ディストロニック・プラス」を使えばより楽ラク。

 しかも直感で使いこなせるのもポイント高い。

10

 カフェからドレスデン空港まではF1の「メルセデスAMGペトロナスチーム」カラーの「A250 スポーツ4MATICモータースポーツエディション」。シルバーグレーのボディカラーにペトロナスグリーンのアクセントがボディ下部分やサイドミラーの下部分、ホイール、インテリアなどに施されています。日本導入は…ある…かも!?

メルセデス・ベンツ公式ホームページ

画像ギャラリー