カンナム開催から50年を記念したマクラーレン650S Can-Am登場!

カンナム開催から50年を記念したマクラーレン650S Can-Am登場!

「Can-Amの初代マクラーレンM1B」が現代に蘇る

 マクラーレンの歴史を知っている人に取っては「マクラーレンと言えばカンナム!」というほど、当時アメリカのレースで一番人気のあったレースカテゴリーを常に支配していたコンストラクターだ。そのマクラーレンが、カンナム・シリーズ開催から50周年を記念したモデル、マクラーレン650S Can-Amを発表した。

650S-Can-Am_01

 1967年から1971年まで5年連続で北米で大人気だったカンナム・レースシリーズを制覇したのが、マクラーレンだ。1966年のカンナム・シリーズ初開催から2016年で50周年迎えることを記念して、MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)が黄金時代のレーシングカー、マクラーレンM1Bをインスパイアしたリミテッド・エディション650S Can-Amを生産すると発表した。

 650S Can-Amの車両本体価格は255,850 ポンド(英国販売価格)、日本円にして約4000万弱(1ポンド180円換算)となる。デリバリーは第1回のレースが行われたカナダのモントランブランから50年目を迎える2016年春に開始予定だ。

 カーボン・ファイバー製の素材はシャーシの他にボンネット、リヤに備えるエアブレーキにも採用されている。またマクラーレン初となるリトラクタブル・ハードトップにもカーボン素材が使用されている。MSOが独自開発した軽量の鍛造アロイ・ホイールは、5本のスポークとダイヤモンドカットのリムをグロス・ブラックでフィニッシュしている。650S-Can-Am_07
チタン製のボルトが採用されたホイールには、PIRELLI P-ZERO CORSA タイヤを装着。ブラックにカラーリングされたキャリパーには、カーボン・セラミック・ブレーキが標準で組み合わされている。また、4本のテールパイプが与えられたステンレス製エグゾースト・システムは、カンナム・シリーズに参戦していたアイコニックなレーシングカーからインスピレーションを受けたデザインとなっている。650S-Can-Am_12

 650S Spiderをベースに製造されるリミテッド・エディションは、最高出力は650PS、最大トルクは678Nmを発生。ハイパフォーマンスな3.8リッターV8ツインターボ・エンジンを搭載している。パフォーマンスと燃費効率はベースモデル同様で、0-100km/hの加速は3秒、最高速度は329 km/hだ。

 ローンチ・カラーとなるマーズ・レッドは、ブルース・マクラーレン(マクラーレンの創始者)とチームメイトのクリス・エイモンがデビュー・シーズンにハンドルを握ったM1Bをベースとしている。2番目に用意されたカラーであるパパイヤ・スパークは、カンナム・シリーズで有名となった伝説のマクラーレン・オレンジを近代的なヘビーメタリックでフィニッシュしたカラーリングとなる。もうひとつのオプション・カラーとして用意されたオニキス・ブラックは、シーズンの後半戦で多くのマクラーレン・カスタマー・チームが使用したカラーリングだ。

マクラーレン公式ホームページ

画像ギャラリー