2015年10月21日に未来からタイムマシーンのデロリアンがお台場来襲!?

2015年10月21日に未来からタイムマシーンのデロリアンがお台場来襲!?

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年記念
リサイクル技術でデロリアンを走らせる世界初の試み!

 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の劇中では、タイムマシンとなったデロリアンが2015年10月21日の午後16時29分の未来に到着する。そこで来たる同日の同時間に、東京都江東区にあるお台場アクアシティでデロリアンを走らせる。

デロリアン

 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(以下、BTTF)誕生30年を記念し、ごみをリサイクルした燃料で自動車を走らせる「FUKU-FUKU×BTTF GO!デロリアン走行プロジェクト」を行う。このプロジェクトは、映画『BTTF Part2』の舞台、そして劇中に登場するタイムマシーン・デロリアンが初めて未来に行ったメモリアルデーの2015年10月21日(水)に走行する。世界で初めて消費者から回収した使わなくなった衣料品を日本環境設計のリサイクル技術で燃料をつくり、映画と同様にデロリアンを走らせるという試みだ。デロリアン

 デロリアンはメーカー名で、正式にはDMC-12(デロリアン・モーター・カンパニー)で製作されたクルマで、ボディはステンレス製となっている。材質はSUS304H.L(ヘアーライン)という普通のステンレス材に髪の毛のような細い筋が入ったものとなっている。身近なもので言うと電車のドアやライターのジッポなどに使われている材料と同じだという。ヘアーライン

 ちなみに、当初の予定よりも製作コストがかさんでしまい、販売価格は25000ドル(当時700万円)になってしまった。これにより、嫌気をさした顧客からのキャンセルが相次ぎ、1981年に生産した半分が売れ残った。このキャンセル騒ぎで、会社は経済的に立ち行かなくなり、1982年10月25日、デロリアン・モーター・カンパニーは2500万ポンドの負債を抱えて倒産。
倒産後も契約済みの4台を生産するため、工場は稼動を継続。最後の1台が完成したのは、1982年12月24日のクリスマス・イブだった。特注のゴールドボディ仕様のDMC-12がラインオフし、デローリアン・モーター・カンパニーは短い歴史に幕を降ろした。

 そして、来る “2015 年10月21日”に向けて、9 月より消費者から使わなくなった衣料品を参加企業の店頭などで回収し、燃料へとリサイクルする企画が持ち上がった。集められたリサイクル燃料を用いてメモリアルデーに、お台場アクアシティにてデロリアンを実際に走らせる。

 デロリアンを走行させるための燃料を作るリサイクル技術は、日本環境設計の「衣料品からバイオエタノールを生産する技術」などを使用する。 デロリアンを動かす燃料になる、使わなくなった衣料品等の回収は、9月1日(火)から日本環境設計が運営する使用済み衣料品・繊維製品回収事業の “FUKU-FUKU プロジェクト”による回収イベントにて実施している。10月21日に走行させるデロリアンが日本全国のショッピングモールなどをキャラバンし、回収を呼び掛けるキャンペーンも並行している。また、展示している車両は実際にBTTF2に登場したデロリアンで、撮影の参加券を会場で入手すればクルマと一緒に記念撮影することが可能だ。

場所展示期間撮影期間
イオンレイクタウン10月16日(金)〜20日(火)10月17日(土)〜18日(日) ★
走行イベント会場(場所:アクアシティお台場屋上駐車場)10月21日(水) 開場15:30 開演16:00詳細はコチラ!
グランツリー武蔵小杉10月24日(土)?25日(日)調整中
イオンモール倉敷10月29日(木)〜11月1日(日)10月31日(土)〜11月1日(日) ★
イオンモール名取11月5日(木)〜8日(日)11月7日(土)〜8日(日) ★
スーパーセカンドストリート柏沼南店11月14日(土)〜15日(日)11月14日(土)〜15日(日)
スーパーセカンドストリート大宮日進店11月21日(土)〜22日(日)11月21日(土)〜22日(日)
BACK TO THE FUTURE in コンサート
東京国際フォーラム
11月23日(月・祝)

  

画像ギャラリー