ナンバープレートに隠されている冗談みたいな真実! (1/2ページ)

ナンバープレートに隠されている冗談みたいな真実!

FAXで「わ」と送ったら字が汚くて北海道のレンタカーは「れ」!?

 毎日クルマに乗る人はもちろんだが、町を歩いていたり自転車に乗っていても、自動車のナンバープレートに思わず目が行くことがあるはず。そのナンバープレートには、意外に知らない事実があったりする。

ナンバー

 たとえばナンバープレートに一文字だけ表記されている平仮名の「わ」は、ご存知の方も多いと思うがレンタカー専用のナンバープレートだ、今年になってから、沖縄では「わ」のレンタカーナンバーを使い切ったため、「れ」が登場したという。元々、法規でも「わ」と「れ」はレンタカー用に用意されていたものだ。
北海道では以前、「わ」ナンバーではなく「れ」ナンバーのレンタカーしか登録されていなかったのだが、その理由としてまことしやかに言われていたのが「担当者が『わ』と書いて北海道の担当者にFAXしたが、当時のFAXの性能が低く字も汚かったため『れ』に見えた」という説がある。とはいえ、現在は北海道もレンタカーは「わ」で統一されている。

 また、自家用車の白地ナンバーで登録すると絶対にもらえないのが「あいうえかきくけこを」の各平仮名だ。これは自家用車の場合「さすせそたちつてとなにぬねのはひふほまみむめもやゆらりるろ」を使用することが制定されており、「あいうえかきくけこを」は緑の地色の事業用ナンバーのクルマのみにしか発行されないためだ。

画像ギャラリー