[第44回東モ情報21]東京モーターショー JTEKTブースで先端技術を体感しよう!

[第44回東モ情報21]東京モーターショー JTEKTブースで先端技術を体感しよう!

  

 電動パワーステアリングを世界で初めて開発・量産に成功し、グローバル・リーディングカンパニーとして知られるジェイテクト。東京モーターショーでは、自社の技術を来場者に体感してもらうべくJTEKTドライビングシミュレーター『SODA』を設置。電動パワーステアリングの現在、過去、未来を体感することができる。

【関連記事】[第44回東モ情報10]トヨタは世界プレミアのFCVやFRスポーツなど5台のコンセプトカーを展示

1

 過去パートは、パワーステアリングのアシストによる快適性の向上を体感。現在パートは、レーンキープアシストによる安全制御を体感。未来は、自動運転下での安全で快適な環境を実現する制御技術を紹介している。

 また、JTEKT360バーチャルリアリティ『JGOGGLE』は、普段一般の人は入ることができないジェイテクトのテストコース『伊賀試験場』を360度映像で楽しむことができる。ジェイテクトがクルマの安全性や快適性を高めるために自社で行っている評価・解析の取り組みを紹介する。5

 ほかには、TOYOTA MIRAIのカットモデルの展示を行う。MIRAIに採用されている電動パワーステアリングシステムやハブユニットをはじめ、水素の流れを制御する燃料電池車ならではの『高圧水素供給バルブ』と『減圧弁』を紹介する。

 これらジェイテクトの先端技術を体感できるジェイテクトブースは、小間番号E2202となっている。東京モーターショーへ出かけたら、ぜひ立ち寄ってみて頂きたい。

 (XaCAR編集部:大野田)

ジェイテクト公式ホームページ

画像ギャラリー