[第44回東モ情報20]自動車雑誌7誌の編集長によるモーターショーナイト開催

[第44回東モ情報20]自動車雑誌7誌の編集長によるモーターショーナイト開催

 2015年10月30日から11月8日まで開催される第44回東京モーターショーを前に、自動車雑誌誌の編集長7名が一堂に会したイベントが10月16日に開催された。

【関連記事】[第44回東モ情報17]東京モーターショーを見る最適なタイミングとは!?

44TMSNight002このイベントは、神保町の書店「書泉グランデ」が主催したもので、「東京モーターショーナイト」と題し、今回の東京モーターショーの見どころ等を語るトークイベントであった。書泉グランデの7階イベントスペースでは、開場と同時に、用意されたイスがほぼ埋まり立ち見も出るほどの好評ぶり。

44TMSNight001CARトップの城市邦夫編集長をはじめ、太田力也編集長(driver)、加藤英昭編集長(ホリデーオート)、佐藤孝洋編集長(Tipo)、清水謙一編集長(月刊自家用車)、永田元輔編集長(モーターファン別冊インポートシリーズ)、本郷仁編集長(講談社ピーシー/ベストカー)の面々。MCには、XaCAR86&BRZマガジン表紙モデルを務めてもらっている要さえこちゃんが担当。

44TMSNight003各編集長に訊くということで、今回の東京モーターショーの見どころ、そして注目のメーカーというお題が出され、各編集長はおススメをボードに書いて、それぞれを解説。今回の東京モーターショーのために別冊特集本を出してきた各編集長だけに、見どころの解説も奥が深い。注目のスポーティカーをはじめ、自動運転技術やパーツメーカーまで、それぞれの視点でのおススメポイントが異なっており、実際にモーターショーへ行く際の参考になるものだった。

 注目のメーカーとしては、ディーゼル問題が発覚し、それでも出展を辞退することなく東京モーターショーに出てくるフォルクスワーゲンに注目する編集長が多かった。

44TMSNight00444TMSNight008また会場からの質問時間も用意され、スクープ画像はどういう情報を元に作るのか? 一般公開前のプレビューデーの有効な使い方は? といったマニアックな質問があり、一部では編集長タジタジといった場面も見られた。

画像ギャラリー