ボルボが電気自動車で世界市場を狙う?

ボルボが電気自動車で世界市場を狙う?

■フルライン・ディーゼルの次なる戦略は電動化!

 10月16日、ボルボカーは包括的な自動車の電動化戦略を発表した。全ラインナップにプラグインハイブリッド車を設定し、さらにはピュアEV(電気自動車)も2019年までには生産するとしています。

Volvo Cars' vision of an electric future

 ボルボは、新車販売の最大10%が電動化車両になるという中期的な想定をしており、それに合わせた新戦略を発表。全ラインナップにプラグインハイブリッド車を設定することとなった。
具体的には、ボルボの新しいプラットフォームである「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)」を採用する90シリーズと60シリーズにプラグインハイブリッド車を導入。
すでに発表されているXC90 T8 ツインエンジンAWDプラグインハイブリッドも、その計画に含まれている。市販の7シーターSUVの中で、最もクリーンかつパワフルなモデルのひとつである。

 コンパクトモデル向けの新プラットフォーム、コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー(CMA)をベースとし、40シリーズにもモデル展開の予定で車種ラインアップを強化していくこととなる。

Volvo Cars Twin Engine range

 さらに、ボルボは2019年までに、ピュアEVを市販する予定でもある。現時点ではまったくこの新型モデルの詳細は不明のままだが「バッテリー技術が進歩し、コストも下がったこともあり、コストと電動化によって得られるメリットを計算すると、今やほぼ現実的という結論に達しています。人々が電動化を受け入れることに、もはや疑いはありません」とコメントしている。

 ボルボの今後のEV化戦略に注目だ。

  

  

画像ギャラリー