光岡リューギ ヤマトは15台限定のクラシカルハイブリッドカー!

光岡リューギ ヤマトは15台限定のクラシカルハイブリッドカー!

流儀の特別仕様は「大和魂」を注入された骨太モデル

 光岡自動車がラインナップするリューギ(流儀)は、トヨタ・カローラアクシオをベースにした、クラシックな外観とハイブリッド車という最新のテクノロジーを併せ持つ一台。昨年6月に登場した光岡の最新モデルであり、クラシカルハイブリッドという新たなジャンルのクルマとして好評だという。

【関連記事】光岡が481通りから選べる卑弥呼をリリース!

RYUGI004そのリューギに、特別仕様車が登場した。その名もリューギ ヤマトだ。そのイメージするところは、大和魂。芯があり、骨太のデザインで、光岡流のアウトローなエッセンスを織り交ぜ「大和魂を呼び覚ませ」というメッセージを込めて作られました。

RYUGI007車両内外装には、戦国時代の甲冑を思わせる配色がなされている。ボディカラーにはヤマトブラック(ブラックメタリック)とヤマトホワイト(パールホワイト)という2色のボディカラーを用意。そこへシルバーライナーと名付けられた4.5mmのピンストライプが描かれている。ドアパネルにはプロテクションモールも入れ込み小気味よい緊張感を持たせているという。

 また前後のエンブレムには専用の七宝焼きのエンブレムが取り付けられているのも特徴だ。専用のガンメタリックカラーの17インチホイールも履いている。ドアミラーにはメッキのカバーもアクセントとして用いている。

RYUGI011RYUGI013インパネはヤマトブラックと名付けられた黒色で統一。またシートは鮮やかな朱色に近い赤色のヤマトレッドと名付けられた色の革シート&ドアトリムを採用している。これは漆塗りからインスピレーションを受けているという。

RYUGI010オーナー心をくすぐるYAMATOの専用ロゴは1か所のみ。運転席ドアだけでオーナーだけの楽しみといえる配置。『隠しエンブレム』と社内で呼んでいるというが、こういったところも日本的な奥ゆかしさだと語る。

 FFのハイブリッドモデル以外に、1.5Lエンジンのみの通常のモデル(こちらは2WDと4WDモデル)も用意される。価格はHYBRIDが382万3200円。15DXが341万2800円、15DX 4WDが352万6200円となっている。

光岡自動車ホームページ

諸元表
車名 ---
グレード ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×---
ホイールベース (mm) ---
トレッド 前/後 (mm) ---/---
車両重量 (kg) ---
パワーユニットタイプ ---
排気量 (cc) ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) ---
駆動方式 ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/---
ブレーキ 前/後 ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/---
JC08モード燃費 (km/L) ---
価格 (万円・税込) ---

画像ギャラリー