「ハローキティ」が新宿駅南口周辺に急速増殖中!?

「ハローキティ」が新宿駅南口周辺に急速増殖中!?

国道20号線に現れた「ピンクがまぶしいキティちゃん!?」発見!

 道路工事現場などでよく見かける「単管バリケード」だが、近年その動物バリエーションが増殖中。その種類も増え、現在、新宿駅南口の工事現場では、ピンクのハローキティが国道20号線脇をジャックしている状態だ。

【関連記事】おもしろレンタカーにポルシェ911ターボカブリオレ&メルセデス・ベンツSL350が登場!

Tanbari002画像はこちらTanbari001画像はこちら単管バリゲード、通称「単バリ」は、単管ポールを使って仮囲いのバリケードを作るもののことを指す。そのスタンド部分は、スチールパイプをV字やU字に折り曲げたものや、樹脂製のスタンドが使われていたが、そのバリエーション違いとして、殺風景な工事現場を、ほんの少し和らげてくれる動物バージョンが登場している。

Tanbari004画像はこちら右の写真のカエル(商品名:カエルガード)をはじめ、ゾウやキリンといった動物のバリエーションだけでなく、シーサー、ぐんまちゃんといったキャラクター系、果ては、富士山、W7系新幹線といったものまでさまざまなものがレンタルされている。

 この動物系単バリを、アニマルガードという名称で数多くラインナップしているのは宮城県仙台市にある仙台銘板。工事用のサインガードや保安用品などを製造・レンタルしている会社で、今回のこのハローキティバージョンもこの仙台銘板のものとなる。東北の復興のためアニマルガードのストラップの販売もしていたりもする。

仙台銘板

画像ギャラリー