未来から来た「デロリアン」と「ナイキスニーカー」[まとめ画像] (1/2ページ)

未来から来た「デロリアン」と「ナイキスニーカー」[まとめ画像]

バック・トゥ・ザ・フューチャーの撮影車両と比較検証!

 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場したDMC-12、通称:デロリアン。30年の時を得て未来からやってきた。そこでWEB CARTOPでは、オリジナルと映画仕様はどこが異なるのかを“画像集”でまとめてみた。

【関連記事】2015年10月21日に未来からタイムマシーンのデロリアンがお台場来襲!?

DMC-1242

 2015年10月21日に登場したのは、市販のデロリアンをベースに劇中車仕様に仕上げたクルマだ。デロリアンは、約9000台の生産があり、映画に使われた車両は7台といわれている。ちなみに、写真の劇中仕様でも日本のナンバーは取得可能。
また2014年からEVモデルが発売され、外観上のデザインは通常のDMC-12と変わらず価格は約1200万円となっている。

 オリジナルモデルは東京のお台場にあるメガウェブに協力を頂き撮影をさせていただいた。こちらは11月15日まで展示予定となっている。

 では、2台のディテールの違いを比較検証。

画像ギャラリー