[第44回東モ情報34]プジョーは4台の日本初公開+市販車1台でお出迎え

[第44回東モ情報34]プジョーは4台の日本初公開+市販車1台でお出迎え

日本初公開のクルマが4台も展示するプジョーに注目!

 MOTION & EMOTIONのブランドスローガンを掲げたブースを展開するプジョー。
前回、2013年よりもスペースを拡張し、5台を展示する。そのうち4台が日本初公開なので注目必至だ。

■508 GT(日本初公開/市販予定)

【関連記事】[第44回東モ情報23]ルノーは日本初公開のトゥインゴ含め6モデル7台を展示

プジョー画像はこちら2015年1月に新たなフロントデザインを採用したプジョーのフラッグシップモデル、508にディーゼルを搭載したスポーティグレード。2リッターディーゼルエンジンは最高出力180psに対し、ディーゼルならではの400Nmと溢れんばかりのトルクを2000rpmの低回転で発生する。組み合わされるトランスミッションは6速ATだ。日本での市販価格は未定。

■308 GTi by PEUGEOT SPORT(日本初公開/市販予定)  308_GTi画像はこちら

 プジョーブランド史上、もっともパワフルなハッチバックスポーツ。チューニングを手がけたのはモータースポーツ部門のPEUGEOT SPORTだ。270ps/330Nmを発生する1.6リッター直4ターボを積む、走り好きにはたまらない6速MT仕様である。専用サスペンションに19インチホイール、トルセンLSD、フルバケットシートで武装。前後部で色の違う大胆な2トーンのボディカラーにも注目してほしい。

■新型208(日本初公開/市販予定)  208画像はこちら

 パワートレインを一新したコンパクトハッチ、208のメイングレードのアリュールを展示する。30%以上もパワーアップを図った1.2リッター直3ターボは110ps/205Nmというスペック。6速ATを組み合わせる。新しく加わったボディカラーの「Orange Power」も必見だ。

■2008 LEATHER EDITION(日本初公開/市販予定)  プジョー画像はこちら

 208をベースにしたクロスオーバーコンパクトSUVの2008。今回展示されるのはブラックレザーシートにシートヒーターを装備した特別仕様車だ。エンジンは82ps/118Nmの1.2リッター直3。トランミッションはシングルクラッチの2ペダル、5速ETGだ。

■308SW GT Line(市販車)

 ダウンサイジングターボを積むミドルクラスワゴン308SW。GT Lineは、ライオンエンブレムを中央に配した専用グリル、サイドスカート、18インチアロイホイールなどを装備し、スポーティなイメージを引き立てる外観のグレードだ。インテリアには、テップレザー&アルカンターラの上質なスポーツシートを採用。130ps/230Nmの1.2リッター直3ターボ+6速ATを搭載する。価格は338万8000円(税込)

プジョージャポン公式ホームページ

東京モーターショー公式ホームページ

画像ギャラリー