[第44回東モ情報66]スバルの超高性能モデル「S207」登場

[第44回東モ情報66]スバルの超高性能モデル「S207」登場

400台限定のコンプリートカーは売り切れ必須!

 STIコンプリートカー最高陣に掲げられるネーミングが「Sシリーズ」。パワートレインまで車両トータルで手が加えられるため、そう簡単には登場しないモデルである。前作S206の登場から4年、新型WRX STIをベースにした究極のロードゴーイングSTIが「S207」である。

【関連記事】ブッチギリの首位! JNCAPファイブスター大賞を受賞したレヴォーグの「凄さ」とは

T7GI5427

 今回はベースモデルのフルモデルチェンジからわずか1年で登場。パワートレインは「高回転まで使いたくなるEJ20型エンジン」に進化しており、バランス取りされたピストン/コンロッド/クランク、専用ボールベアリング・ツインスクロールターボ、専用ECU、高効率で低圧損の吸気系、通気抵抗を50%低減させたエキゾーストなどにより、328ps/431Nmと量産EJ20型ターボエンジンとしては最強スペックを誇る。T7GI5461

T7GI5419フットワーク系はSTI独自理論のフレキシブル系補剛アイテムはもちろん、サスペンションフロントに日本車初採用となる「ビルシュタイン・ダンプマチックII」を採用。軽量/高剛性のBBS鍛造アルミと255/35R19(ダンロップSPスポーツMAXX RT)の組み合わせ。ブレーキはブレンボ製モノブロックキャリパーも奢られる。また、新たにVDCやアクティブトルクベクタリングなどの制御系もS207専用セットとなり、ハンドリング向上に一役買っている。

 エクステリアは専用の空力アイテム(フロントスポイラー&リヤバンパーアウトレット)、インテリアは専用レカロシートや金属調加飾パネル以外にも、フロアサイレンサーや遮音性を高めたフロントウィンドウスクリーンも採用される。

 今回は3つの仕様(S207、S207 NBRチャレンジパッケージ、S207 NBRチャレンジパッケージイエローエディション)を用意しており、価格は599万4000~637万2000円。販売台数は限定400台なので今回も早いタイミングで完売を予想、とにかく急いでディーラーへ!!T7GI5471

スバル公式ホームページ

画像ギャラリー