[第44回東モ情報70]モーターショー会場は、お色直しの真っ最中!?

 東京モーターショーは2日間のプレスデーを終了し、ショー会期3日目、一般公開日を迎えることとなる。2日目の終了時間には多くの業者が会場周辺に列をなし、閉場と同時に模様替えの作業を進めている。

【関連記事】「レーサー」は天才! 「ラリースト」は神! レーシングドライバーが語る「ドッチが速い」論争の結論とは

change001多くのブースでは、撮影のために空間を多くとっていたり、プレスカンファレンスのために場所を取ってあったりしたわけだが、それらのイベントが終わったことで、一般の皆さんに向けて新車をよりアピールするため車両が追加されるなどするのだ。

 また、ショーを彩るコンパニオンの皆さんも再度いろいろなレクチャーを受けて、ポーズや対応などを再確認。一般公開を前に各会場は再びピリッとした雰囲気に包まれている。

 10月30日(金)は、オフィシャルデーということで、午前中は開会式などの式典が開催される。一般公開は10月30日(金)12時30分からスタートする。11月8日(日)までの会期中は午前10時から午後8時まで(日曜日は午後6時まで)開場となる。

画像ギャラリー