[第44回東モ情報88]FCAは日本初公開のアルファ・ロメオ4Cスパイダーを展示!

[第44回東モ情報88]FCAは日本初公開のアルファ・ロメオ4Cスパイダーを展示!

フィアット・アルファ・アバルト・ジープが西口中央でお出迎え!

 FCAは、東京モーターショーで魅力的な6台を展示中だ。展示場所が、西館の出入り口となる中央に位置するため気軽に除くことが出来る。注目の4台が、皆さんをお迎えしてくれる。

アルファ4Cスパイダー

【関連記事】WEB CARTOP 東京モーターショー動画!吉田由美 アバルト編

T7GI6212

 アルファロメオ史上、量産車初となるミドシップ・アルファである4Cのオープンバージョン「4Cスパイダー」をお披露目。ロータスを彷彿とさせるコンパクトサイズのボディは、フルカーボンモノコックで構成されているが、オープン化に合わせて各部に補強が行われている。ルーフはハードトップではなくソフトトップを採用しているのは「重要増加を抑えたかった」とのことだ。そのため車両重量はクーペの4C+10kgと非常に軽量に設計されている。
オープン化に際してエクステリアも細部が変更されており、ヘッドライトや新デザインのアルミホイール、センター出しのマフラーなどが採用されている。パワートレインは4Cと同じで、240ps/350Nmを発揮する直列4気筒の1750ccの直噴ターボ+6速DCTの組み合わせ。走りのパフォーマンスはクーペとほとんど変わらないというから魅力的だ。
ひとつ残念だったのは、フランクフルトショーで世界初公開されたFRのアルファセダン「ジュリア」が東京に来なかったことである。

アバルト695ビポストT7GI6202

 ホットハッチのアバルト595をベースに、より獰猛なスペックを与えたエクストリームハッチが「アバルト695ビポスト」である。1.4リッターターボは専用タービンやインタークーラーなど更なるチューニングが行なわれ190ps/250Nmのスペックを誇る。組み合わされるトランスミッションは何と市販車初搭載となるドグ式(フルスペック仕様)だ。
ボディは不必要なパーツの取り外しやカーボンパーツへの材料置換などによって徹底的に軽量化されており、車両重量は1060kgを実現。シャシーも強化されており、ワイドトレッド化はもちろん、専用サスペンション(車高調整/減衰力調整可能)や電子制御LSD、OZ製軽量アルミホイール&215/35R18サイズのGYイーグルF1、ブレンボ製大容量ブレーキシステムなどが奢られる。その走りは公道を走るレーシングカーというイメージである。価格もコンパクトハッチとしては異例の845万6400円だが、内容を知れば決して高くは感じないだろう。

  

フィアット500XT7GI61862007年に登場したフィアット500は登場から年月が立つ。しかし、愛くるしい内外装は色あせていないし、改良や熟成などにより走りのブラッシュアップ。今も日本を含む世界中で人気を博している。しかし、ファミリー層からは「もう少し大きいモデルも欲しい!!」と言う声が多かったのも事実である。そこで登場したのが「500X」である。内外装は500ファミリーであることを一目で感じさせるデザインに仕上がっているが、ボディサイズは全長4250×全幅1795×全高1610mmとかなり大柄。そのため、室内の居住性は500と比べると格段にアップしている。メカニズムはFCAグループのJEEPレネゲードと共有。FFもラインナップされるが、AWD仕様は見た目に似合わず本格的なオフロード走行もこなす。パワートレインは1.4リッターターボのみだが駆動方式によって出力が異なる(FF:140ps、AWD:170ps)。トランスミッションはFFは6速AT、AWDは何と9速ATとの組み合わせだ。

JEEPレネゲードT7GI6227

 JEEP史上最もコンパクトなモデルとして登場したのが「レネゲード」だ。ちなみにフィアット500Xとは兄弟車で、生産はFCAのイタリア・メルフィ工場。JEEPブランドとしては、昨年フィアットとクライスラーが完全統合してから初めての米国以外で生産されるモデルなのだ。ボディサイズはコンパクトだが、エクステリアはボクシーなスタイル、丸いヘッドランプ、7スロットグリルなどシッカリとJEEPしているのだ。インテリアも同様で、機能性/快適性をアップさせながらも、随所にJEEPのアイコンや遊びこころなどが多数採用されている。プラットフォームは「スモールワイド4×4アーキテクチャー」を採用。JEEP伝統のオフロード性能はもちろん、オンロード性能も飛躍的に向上させている。パワートレインは2種類が用意され、FFには140ps/230Nmを発揮する1.4リッターターボと6速DCT、AWDには175ps/230Nmを発揮する2.4リッターNAと9速ATの組み合わせを用意。

FCA公式ホームページ

画像ギャラリー