[第44回東モ情報101]ポルシェ911カレラ4とマカンGTSがワールドプレミア

[第44回東モ情報101]ポルシェ911カレラ4とマカンGTSがワールドプレミア

日本市場の重要性を意識した世界初公開モデルの展示

 今回の東京モーターショーでのポルシェの隠し玉はマカンGTSと911カレラ4だった。ポルシェ・コンパクトSUVで最も俊敏なモデルのマカンGTSと911のモデルレンジを拡大するニューカレラの4WDモデルだ。

ドクター・エアハルト・メスレCEO
ドクター・エアハルト・メスレCEO

 最近CEOに就任したドクター・エアハルト・メスレからステージ上の2台のワールドプレミアが紹介された。「日本市場はポルシェにとってアジア市場で2番目の地位を占め、グローバルマーケットにおいても6番目に大きな市場」というだけに今年度上半期のマカンの1246台という販売台数は、意外に思えるかもしれないがポルシェ販売台数のうちトップを占めているという。
IMG_6025マカン人気の高さが証明されたわけだが、それだけに今回のGTSの魅力が熱く語られた。最高出力360psを誇るマカンGTSは マカンS(340ps)とマカン・ターボ(400ps)の中間に位置するモデル。ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステムと前後異形サイズタイヤなどの専用装備で、さらなるドライビングプレジャーとポルシェフィーリングをもたらす「コンパクトSUVのスポーツカー」だという。

  

 またニューポルシェ911カレラには4WDモデルのカレラ4が加えられた。

 クーペとコンバーチブルが設定され、それぞれにベーシックモデルとSモデルが用意されている。最もホットなモデルのカレラ4Sには420psのエンジンが与えられ、0→100km/h加速ではRRポルシェを上回り、4秒を切るという。「子供の送り迎えから鈴鹿でのタイムアタックに行ける」という例えは、彼の地らしいいい回しだが、実に的を得た表現だ。イエロー&レッドのホットモデルは、絶対見落としてはならない。

ポルシェ公式ホームページ

画像ギャラリー