[第44回東モ情報115]待ち時間がもっとも短いレストラン

[第44回東モ情報115]待ち時間がもっとも短いレストラン

会議棟1階の特設レストラン「東京モーターショー・ダイニング」

 第44回東京モーターショーでは、「グルメキングダム2015』と称して30名の食べ歩きキングが厳選した全国のグルメ店が出展。その数、メイン会場に8店舗、そのほか各所の屋外展示場にも12店舗。そのほか、東京ビッグサイト内の常設レストランは、お昼時になるとどこも賑わっている。
というか、土日・祝日ともなれば、昼食を取るのも一苦労というほど混雑しているのだ。

DSCF0367
メニューはカレー、肉料理、魚料理の3種類。すべて日替わりで1000円(税込)。カレーは、シーフードカレー、ビーフカレー、海老のグリーンカレーの3種類が日替わりで提供される

 ところが、一般公開2日目で会期初の週末となった10月31日段階で、まだ余裕を持って食事をできるスポットを発見! それが東京ビッグサイト会議棟の1階レセプションホールにある「東京モーターショー・ダイニング」だ。

会議棟の1階レセプションホールに特設された東京モーターショー・ダイニング。じつは、29日までこの部屋はプレスセンターとして使用され、マスコミ各社が情報を発信していた
会議棟の1階レセプションホールに特設された東京モーターショー・ダイニング。じつは、29日までこの部屋はプレスセンターとして使用され、マスコミ各社が情報を発信していた場所だ

 なぜ、「東京モーターショー・ダイニング」の待ち時間が少ないかというと、会議棟1階という意外とわかりにくい場所にあることと、特設レストランで認知度が低いからかもしれない。498席という広々としたスペースを持っているから、お客さんの回転も良いことも空いている理由の一つかと思われる。

 このレストランを出店しているのは東京ベイ有明ワシントンホテル。用意されているメニューは、カレー(サラダ付き)、肉料理(ライス付き)、魚料理(ライス付き)の3種類。それぞれに3タイプの料理が用意され、日替わりとなっている。

  

東京ベイ有明ワシントンホテルのレストランが食事を提供する
東京ベイ有明ワシントンホテルのレストランが食事を提供する

 お味はというと、さすが同ホテルのシェフが考案したメニューというだけあって、特設レストランでも味や内容はホテルのレストランと同レベル。ホテルのレストランと同様の食器類が使用されているところも、注目したいところ。
価格は、すべて1000円(税込)と他のグルメ店とほぼ同レベルといえるだろう。

11時半頃でも空いている
11時半頃でも空いている

 ちなみに、「東京モーターショー・ダイニング」のある会議棟1階へのアクセスは、中央ゲート左手の出入り口からとなる。つまり、東京モーターショーの会場を一度出ることになるわけだが、その出入り口ゲートでスタッフが「再入場リストバンド」を配布しているので食事を済ませたあと、再びモーターショーを楽しむことはできる。
このような隠れた名店を待ち時間も少なく楽しめるのだから、昼食場所の候補に入れてもよいだろう。

 営業時間:平日11:00〜15:00(ラストオーダー14:30)、土日・祝11:00〜17:00(同16:30)

東京モーターショー・レストランガイド

画像ギャラリー