[第44回東モ情報120]カーメイトのスマホアプリを使った画期的チャイルドシート

[第44回東モ情報120]カーメイトのスマホアプリを使った画期的チャイルドシート

リモート機能のサンシェード付チャイルドシート

 INNOブランドのカー用品で知られるカーメイト。今回は「ビジュアルドセーフティー」をテーマに出展しており、安全を可視化する安全関連技術に力を入れている。

CARMATE003

 メインとなるのは、チャイルドシートと自転車用ルーフキャリア。
チャイルドシートは、スマートフォンのアプリ機能を使い、ブルートゥースで連動させて、照度センサーが日差しを感知すると、自動でサンシェードが閉まり、日陰になると自動的に開く機能を持たせた試作品を参考出展。もちろんマニュアル操作で閉じたまま、もしくは開けたままもチョイスが可能だ(来年度中の製品化を目指している)。

 もう一点のルーフキャリアは、屋根の上にマウントした自転車の状況を、逐一、スマホのアプリで表示する機能。高速道路の風の影響、もしくはギャップのある道路などを走ったとき、ルーフ上の自転車がある一定以上傾いたり揺れたりすると、警告を発する仕組みになっている。

 また取り付け強度(取り付け金具の締め付けトルク)の最適点もモニタリング。製品化に向けてのひとつの課題は、電源の自己完結化だが、それも太陽電池等を利用する方向で考えられている(太陽電池パネル付のルーフボックスも同時に展示)。

 また、東京モーターショーの開催期間中限定でCARMATEのアプリである「Drive Mate」シリーズを無料でダウンロードできる(通常は有料)。詳細は「Drive Mate」シリーズ内のサイトをチェックしてほしい。

 ちなみに、カーメイトは来年が創立50周年。それを記念し、今年放映50年を迎えた「サンダーバード」とコラボした展示になっている点も注目だ。

カーメイト公式ホームページ