【第44回東モ情報127】自分だけのナンバープレートなら図柄も思い通り!?

【第44回東モ情報127】自分だけのナンバープレートなら図柄も思い通り!?

ナンバープレートでご当地スタイルを極める時代がすぐそこに!

 皆さんもよく目にする、車を所有するなら必ずつけなければならないナンバープレート。全国自動車標板協議会のブースでは、普段なら見過ごしがちなナンバープレートに関する展示がされており、日本のナンバープレートの歴史に触れたり海外のナンバープレートを見ることができる。

今回の目玉の図柄入りナンバープレート。富士山や桜、オリンピックなど本当に色々な図柄が展示されていた。自分でデザインした図柄がナンバープレートになれば、愛着もひとしお
今回の目玉の図柄入りナンバープレート。富士山や桜、オリンピックなど本当に色々な図柄が展示されていた。自分でデザインした図柄がナンバープレートになれば、愛着もひとしお

  

 こちらの出展の目玉が「図柄入りナンバープレート」。ご存知の方も多いだろうが、日本では希望番号制度というナンバープレートに自分の好きな番号がつけられる制度がある。これが2016年には、新たに図柄も入れることが可能になるという国交省の方針が打ち出されている。地元の景勝地や名産物などの図柄を入れることで地域のPRに繋げていこうという狙いがあるようだ。

皇室様式のナンバープレート。こんな特別なナンバープレートを見る機会はそうそうない
皇室様式のナンバープレート。こんな特別なナンバープレートを見る機会はそうそうない

 ブースではナンバープレート自体の展示だけでなく、ナンバープレートの役割や品質点検についても展示されており、基本的なことから知ることができる。例えば、一口に品質の点検と言っても、折り曲げたりして塗装の剥げやキズがつかないかのチェックを経て、私たちの車に取り付けられるのだが、そんな点検の一部を目にすることができる。

こんなにひどく折り曲げて点検されているのだ。ちょっとかわいそうに思えてくる。だからこそ、多少のことで塗装が剥げたりなんてしないクオリティなのだ
これほどまでにひどく折り曲げてナンバープレートは点検されている。やややり過ぎ感もあるものの、だからこそ多少のことで塗装が剥げたりはしないクオリティを保つことが出来るのだ

 更に希望番号制度のPRのため希望のナンバープレートを作って体験出来るコーナーも用意され、なかなか盛況の様子だ。紙で作ったナンバープレートをネックストラップにしてプレゼントしてくれるものだが、若い人はもちろん高齢の女性なども含め、老若男女問わず行列に参加していた。実際に作るのに、希望番号の抽選など細かな取り決めや手続きが必要と凝った内容になっている。この体験を通して希望番号制度をもっと身近なものに感じられる出展内容と企画だ。

名古屋地区NOW(?)はニコニコ(25−25)が評判の様子
名古屋地区NOW(?)はニコニコ(25−25)が評判の様子

 東京モーターショーは最新の車だけでなく、こういった車になくてはならない周辺の出展なども普段意識することのない部分を垣間みることができるのも魅力であり、面白さのひとつだ。

 (CARトップ特派員・佐久間)

全国自動車標板協議会

画像ギャラリー