[第44回東モ情報131]ドイツから戻ってきたけれど…

■違い、わかる?

 第44回東京モーターショーのホンダブースには、ドイツ・フランクフルトで開催された国際オートショー(通称:フランクフルトショー)で世界初公開されたホンダの「ホンダプロジェクト2&4 パワードバイRC213V」。

【関連記事】スバル&日産でも簡単には追随できない! ホンダが達成した「自動運転レベル3」の圧倒的な凄さ

2and4tokyo世界に一台しかない。しかし、今回の東京ショーの展示のために、とある変更が行なわれた。この下の写真がフランクフルトショーで展示された同一車である。

Project24_001その違いは、シート位置。ちなみにバイワイヤ技術のため、左ハンドルを右ハンドルに変更するのはそれほど大変なことではないようである。ちなみにシートはフレームへの取り付け位置の関係上、右シートと左シートが用意されている。シート部分を埋めるカウルも左右で異なるため、変更。シートおよびカウルを変更しているということだ。

 ちなみに左右のシート位置が変わっても重量配分などには影響ないという。

  

 [関連記事]ホンダ2190万円バイクのエンジンを搭載

 [関連記事]ホンダプロジェクト2&4を詳細画像で分析!

 [関連記事]モトGPのエンジンを搭載した2輪と4輪を融合させたF1型コンセプトカー!

画像ギャラリー