東京モーターショー2015の折り返し日を迎えての考察

文化の日に今期ショー初の入場者数10万人は越えたが…

 10月30日から開催されている第44回東京モーターショーは、11月3日の文化の日の祝日を終えて折り返し日となったことで、会期前半を終了した形となった。

【関連記事】EQシリーズだけじゃない! メルセデス・ベンツブースは環境重視の新モデルが続々【東京モーターショー2019】

Bigsite2画像はこちら今回の全会期は10月30日から11月8日までの10日間なっており、10月30日~11月3日までの5日間は東京モーターショーの前半戦となる。11月2日だけがあいにく終日雨模様となってしまったが、ここまでの会期前半はおおむね天候に恵まれ、総入場者数は41万9700名と発表されている。

 残る会期の11月4~6日の平日は6〜8万人レベルで推移すると予測される。となると最終の週末に10万人レベルで推移したとしても、今回の東京モーターショーの入場者数は80~85万人ほどと予測され、前回の第43回の入場者数90万人には到達しない。平日の三日間でどこまで入場者数を伸ばせるのか、後半戦の巻き返しに期待したいところだ。

 東京ビックサイトという都心からアクセスのいい利点やワールドプレミアやジャパンプレミアの数の多さを考慮に入れれば、数的にはやや残念な形になるかもしれない。ただ、入場者数は確かにひとつの人気のバロメーターではあるが、今回の東京モーターショーがどれほど来場者の印象に残ったのかも気になるところだ。
少子化と人口減という未来が予測されている日本で、ただ単に数を追うだけではなく、いかに来場者の心に残るショーに仕立て「クルマ離れ」を食い止めることができるのかが、次回以降の課題となるのかもしれない。

 ちなみにここ数年の入場者数の推移は以下の通りとなっている。

開催年回数会期期間会場出展社数出展車数入場者数
20033710.24?11.0513日間幕張2686121,420,400
200438(商用)11.02?11.076日間幕張113206248,600
20053910.21?11.0617日間幕張2395711,512,100
20074010.26?11.1117日間幕張2415171,425,800
20094110.23?11.0413日間幕張109261614,400
20114212.02?12.1110日間東京ビッグサイト174402842,600
20134311.22?12.0110日間東京ビッグサイト178426902,800

  

画像ギャラリー