東京モーターショーの暑く、そして熱い会場向きの装備とは?

東京モーターショーの暑く、そして熱い会場向きの装備とは?

東モ式ダイエットってマジですか!?

 2011年に幕張メッセから東京ビッグサイトへと開催場所が変わった東京モーターショー。ドッチがいいか? は個々人の感性や交通手段によって変わるだろう。
しかし多くの人が口を揃えるのが「会場内の移動距離が増えた!」というもの。大きく西館と東館に分かれていて、たとえば、「国産メーカーだけは全部回りたい!」とか、「輸入車だけ興味がある」といった場合でも、東西を回らなければならない。というわけで、会場に入って、軽く全体を回ったときの歩数をスマホ搭載のアプリで計測してみた。

【関連記事】[第44回東モ情報105]西ホールでアナタも出逢える癒しのコンパニオンたち!

01

なんと9000歩超え! 消費カロリーは1509kcal!!

 これで東西の1Fを回っただけだ。『スマート モビリティ シティ』や『グルメキングダム2015』なども見ると、この1.5倍ぐらいは歩きそうだ。これは痩せられる! 東モ式ダイエットと名付けてもいいほどだ!! と、それはともかく、動画撮影で会場を歩きまわった吉田由美さんと話を聞くと「女性は慣れていればヒールでも大丈夫だけど、歩きやすい靴のほうがいいと思います。とくに試乗はヒールNGの場合もあるので要注意」とのことだ。

会場を何往復も歩きまわった吉田由美さん。動画撮影のために高いヒールだが、疲れにくい靴がベストとのこと
会場を何往復も歩きまわった吉田由美さん。動画撮影のために高いヒールだが、疲れにくい靴がベストとのこと

 試乗といえばスマート モビリティ シティにはパーソナルモビリティの試乗コーナーがあった。これは非常に楽しく、身長や体重制限をクリアしていれば免許などなくても乗れるため、ぜひ体験して欲しいのだが、またがって乗るタイプのモビリティもあるので、ミニスカートなどは避けたほうがいいだろう。

パーソナルモビリティの試乗はヒールNG、スニーカーがいいだろう。乗りものの種類により、ミニスカートは厳しいかも
パーソナルモビリティの試乗はヒールNG、スニーカーがいいだろう。乗りものの種類により、ミニスカートは厳しいかも

 もうひとつ! カタログなどをもらうことを想定すると、バッグは大きめがいい。ラクなキャリーバッグという手段もあるが、混雑を考えれば両手が空くリュックがベターだろう。04

 さらに、会場は比較的空いているプレスデーでも暑かった。大勢の来場者で混雑する土日などはとくに、簡単に脱ぎ着できる洋服の重ね着で行き、調整するといい。

 東モ会場で普段の運動不足を解消しつつ、万全の装備でくまなく散策して、満喫してほしい。

東京モーターショー公式ホームページ

画像ギャラリー