11月1日「スーパーカーの日」に70台集結![全車総覧] (1/2ページ)

「スーパーカーの日フェスティバル2015多摩」を全部見せ!

 漫画「サーキットの狼」が人気となり子供達を中心にスーパーカーブームが巻き起こった1970年代。それから40年の月日を経た2015年9月27日、一般社団法人・日本記念日協会により「11月1日はスーパーカーの日」と正式に制定された。それを記念し、11月1日に「スーパーカーの日フェスティバル2015多摩」が東京都多摩にある多摩中央公園で開催された。

スーパーカーの日37_R

 全日本スーパーカー連絡会が主催している「スーパーカーの日フェスティバル2015」は、三多摩地区の地域振興およびスーパーカー告知活動を目的として11月1日に行われた。同日、中部地方や関西でも行われ全国的な展開となるイベントとした。

スーパーカーの日5_R会場の多摩中央公園は一部を貸し切って行われ、入場料の200円を払うと居並ぶスーパーカーが眼前に広がる。
イベント内容は、子供を対象としたスーパーカークイズ大会やじゃんけん大会、サウンドアップコンテストなど多彩。クイズは、スーパーカーオーナーからの出題で「世界一速いスーパーカーはなんでしょう?」という問題に対し子供の解答は「スーパーこまち!」という珍回答もあり、会場は大きな笑いに包まれた。主催者のYASUさんは「親子で楽しめるイベントを目指し、将来を見越したイベントにしたい。また、スーパーカーを見てわくわくドキドキする喜びを与えたい」と語ってくれた。

 今後もイベントを企画する予定らしいので、気になる方は全日本スーパーカー連絡会のホームページをチェックしてほしい。

 参加車両は次のページでギャラリー形式で全車を紹介しているのでぜひ見ていただきたい。

〈名古屋で開催した写真〉

〈大阪で開催した写真〉

画像ギャラリー