86&BRZで気軽に参加できる『グリーンカップ』レースを知ってる!?

86&BRZで気軽に参加できる『グリーンカップ』レースを知ってる!?

86&BRZオーナーは注目! エコで楽しいサーキット走行!!

 一般的にサーキットを走行するには、ライセンスを取得したり、ヘルメットやレーシングスーツなどの装備品が必要となる。ショップ主催の走行会などであれば、ライセンス不要、必要最低限の装備品でもOKだが、通常レースとなると気軽なノリでは参加できない。

【関連記事】[第44回東モ情報156]あのボタンは、ここにある!

001

 ところが、そのハードルをグッと下げてくれたレースが『86/BRZ Green Cup』だ。これは、主にモーターゲームスと併催されているレース(富士スピードウェイのイベントとのコラボもあり)で、86かBRZであればグレードを問わず参加できるレースなのである。002

 ヘルメットとグローブ、長袖&長ズボンであればライセンス不要で参加できるとあって、徐々に人気を集めている。なぜそんなレギュレーションでレースを開催できるのかというと、このレースがスピードだけを問うものではなく、燃費を重視しているところにある。

 簡単なルールは、以下のようになる。90分間のレース。順位ポイント(着順×−0.5)+周回数ポイント(周回数×1)+燃費ポイント(平均燃費×2.6)、これらをすべて足したものが評価ポイントとなり、順位を決める。基準走行タイムは、オフィシャルにより決められたタイムより速く走ってはいけないので、必然的に全開走行とはならない。これら条件があるからこそ、安全で楽しいエコレースが展開できるのだ。003

 エコレースと言っても、サーキットでの臨場感を味わうことができるし、どういう作戦で戦うかということが重視される。今回XaCAR 86&BRZ magazine編集部では、10月31日に、岡山国際サーキットで開催されたグリーンカップに参加して2位表彰台に上がることができた。燃費では1番だったが、総合順位1位のTeam RS☆Rには、周回数で負けてしまった。

 今年のレースは終了してしまったが、来年は富士スピードウェイで、これまでの90分以上に長い耐久レースが検討されているという。とっても楽しいレースなので、86&BRZオーナーの人たちに参加していただきたい。

 なお、このレースの詳しい内容については、12月10日発売のXaCAR 86&BRZ magazine Vol.010で掲載するのでご覧ください。(XaCAR編集部:大野田)

モーターゲームス公式ホームページ

86BRZグリーンカップ公式ホームページ

画像ギャラリー