2016年4月からのETC2.0進化で通行料は安くなる? (1/2ページ)

2016年4月からのETC2.0進化で通行料は安くなる?

ETC2.0なら遠回りしても渋滞回避に貢献すれば料金割引!

 首都高や高速道路での料金収受システムであるETC。このETCの使ってきた通信技術を進化させ、これまでの料金徴収だけでなく、情報提供に加えて、入り口・出口以外に経路までも考慮した新・通行料金制度が用意される(2016年4月開始)予定で、ETC2.0と呼ばれる。
これまでITSスポットサービスと呼ばれていた5.8GHzの電波を使った路車協調システムによる情報提供サービスを含む、新サービスがスタートしている。DSRC_unit

 通行料が安くなる、という通行料金制度とは渋滞回避にポイントがある。ETC2.0の情報を利用して、渋滞を回避する情報を提供、それによって遠回りになったとしても、渋滞路を回避したことで、円滑な交通に寄与したドライバーには通行料金を割引するといった優遇措置をとるというもの。たとえば、首都圏においては圏央道を利用して都内に入らないようなルートを取ったときなどに約2割引となるサービスが予定されている。
etc20_mlit_panel2

 もちろん、そうしたサービスを受けるには、最新のETC2.0ユニットの装着が条件となるが、必ずしも買い替える必要はない。冒頭で従来から提供されていたITSスポットサービスなどを含む新サービスと書いたように、ETC2.0というのは従来までのITSスポットサービスに対応した機種(ETC/DSRC車載器、ITSスポット対応車載器)であれば、ちょっとした変更で、ETC2.0に対応できるというのだ。

 基本的に、2015年7月1日以降にセットアップした車載器においてはETC2.0に対応しているので、それ以前から使っている機種に限られるが、必要な作業はETC2.0に対応するための再セットアップのみ。とはいえ、3000円の料金がかかるというのは、あまり気持ち良いものではない。

画像ギャラリー