マセラティ・ギブリの日本特別限定車は1340万円から!

マセラティ・ギブリの日本特別限定車は1340万円から!

400万円を超えるメーカーオプションを装着

マセラティは、ラグジュアリースポーツセダン「マセラティ ギブリ」の日本特別限定仕様車「ギブリ スカテナート」を2015年11月11日(水)から発売した。販売台数は「ギブリS」が14台(右ハンドル)、「ギブリS Q4」が6台(左ハンドル)の合計20台となる。メーカー希望小売価格は「ギブリS」ベースが1340万円、「ギブリS Q4」ベースが1410万円だ。「ギブリ スカテナート」

「マセラティ ギブリ」は、1966年にデビューしたスポーツカーだ。2世代目からラグジュアリー思考に変わり、3世代目はマセラティ初のEセグメントモデルとして2013年11月に国内デビューをを果たした。導入から2年で「ギブリ」は3台のモデルをラインナップし、合計1600台以上を販売している。

初代ギブリは1966〜1973まで生産された。フロントに搭載する 4.7リッターV型8気筒エンジンからは330psだ
初代ギブリは1966〜1973まで生産された。フロントに搭載する 4.7リッターV型8気筒エンジンは330psを誇った

FR(後輪駆動)の「ギブリ S」と、4WD(四輪駆動)の「ギブリS Q4」は、最高出力410馬力を誇る新型3.0リッターV6ツインターボエンジンを搭載。今年9月からはEURO6対応の新エンジンとなり、環境性能と安全性を両立させている。

「ギブリ」の特別限定モデル「ギブリ スカテナート」は、イタリア語で「解き放たれた」という意味を持っているのだが、まさに環境性能まで手に入れたギブリがまさに日本市場に解き放たれようとしている。

ドアハンドルはボディと同色のホワイトを採用し、エレガントなデザインとなっている。

足下には21インチ・チターノ・ホイールを装備。軽量と高い強度を持ち、存在感のあるデザインとガンメタリック・カラーのホイールは、特別限定仕様車のスポーティな印象を与える。「ギブリ スカテナート」?

「ギブリ スカテナート」は、400万円を超える特別仕様(含メーカーオプション)を装備しながら、限定20台の販売となる。

ベースモデルギブリSギブリS Q4
ハンドル
販売台数14台6台
外装色ホワイト
内装色ブラック/レッド
特別装備<シャドー・ライン>
ウィンドウ・フレーム(ブラックアウト)
サイドベント・グリル(ブラックアウト)
ドアハンドル(ボディ同色)
<21インチ・チターノ・スペシャルペイント・ホイール>
ガンメタリック・ペイント
<ブルー・アクセント・トライデント>
フロント・グリル
サエッタ・ロゴ
<デディケーション・プレート>
その他装備(メーカーオプション<エクステリア>
(メーカーオプション) – プライバシー・ガラス
サンルーフ
ラミネート・ガラス
ブルー・ブレーキ・キャリパー
スカイフック・サスペンション(ギブリSベース・モデル)
スポーツ・サスペンション(ギブリS Q4ベース・モデル)
デュアル・キャスト・ブレーキ・システム
<インテリア>
フル・プレミアム・レザー
カーボン・インテリア・トリム
INOXスポーツ・ペダル
シフト・パドル

マセラティ公式ホームページ

  

画像ギャラリー