マツダ新世代ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」の中身!

マツダ新世代ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」の中身!

スカイアクティブ初のターボエンジンは来春発売のCX-9に搭載!

 マツダは、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」シリーズの最上位エンジンとなる2.5リッター直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を新開発した。2016年春より、北米から販売を開始する新型3列ミッドサイズクロスオーバーSUV「マツダ CX-9」に搭載する。

P1J11209s

 SKYACTIV-G 2.5Tは「SKYACTIV-G」シリーズ初のターボエンジンとして開発された。アテンザなどに搭載されている自然吸気エンジン「SKYACTIV-G 2.5」をベースに改良を加え、燃費性能を上げて登場させている。新型「CX-9」の使用シーンの9割以上を占める低中速領域で力強い加速感やターボラグのない良好なエンジン応答性を実現した。4リッターV8自然吸気ガソリンエンジン並みの最大トルク310ft-lbを発揮する。

 従来型のターボエンジンには、「ターボラグによる低速領域での動力性能の悪化」と「実用燃費の悪化」という二つの問題点があった。しかし「SKYACTIV-G 2.5T」は、運転条件に応じて排気の脈動状態を変化させる世界初の「ダイナミック・プレッシャー・ターボ」という機構を開発し、理論空燃比領域を拡大する「クールドEGR」の活用などによって、有害物質も出にくくなる。

「SKYACTIV-G 2.5T」の特長

高圧縮比
ボアサイズ89mmのレギュラーガソリン対応型直列4気筒ターボエンジンとして最高レベルの高圧縮比10.5を実現。

ダイナミック・プレッシャー・ターボ
運転条件に合わせて排気を変化させる世界初の機能を持つ。1620rpm以下の低速域では、タービンの手前に設置したバルブを絞ることで、各排気ポートからの排気が互いに干渉することを抑制し、排気圧力を活用して高いタービン駆動力等を得る。一方で、十分な排気エネルギーを得られる高速域ではバルブを開き、通常のターボと同様の脈動の少ない状態で稼働する。タービンに流れ込む排気の流速や方向を調整する従来の可変ターボとは異なり、排気脈動の制御に着目した独自の新技術だ。

クールドEGR (Exhaust Gas Recirculation)
燃焼後の排気ガスの一部を取り出し、EGRクーラー後の低温不活性ガスとして再度吸気することで、燃焼温度を低減させてノッキングの発生を防止し、理論空燃比領域の拡大と点火タイミングの最適化によって燃費を改善した。

「SKYACTIV-G」の高効率燃焼の踏襲
ベースとなる自然吸気エンジン「SKYACTIV-G 2.5」とボア、ストローク、ボアピッチなどの基本諸元およびインジェクターや燃料ポンプなどの燃料系部品を共通化して「SKYACTIV-G」の高効率燃焼を踏襲。ターボ化にもかかわらず軽量コンパクト化を実現できた。

  

■「SKYACTIV-G 2.5T」の主要諸元(社内測定値)

 直列4気筒2.5L直噴ガソリンターボエンジン

排気量:2.488L
ボアxストローク:89.0mm x 100.0 mm
圧縮比:10.5
最高出力(ネット):227HP〈169kW〉/5,000rpm*5
最大トルク(ネット):310ft-lb〈420Nm〉/2,000rpm

マツダ公式ホームページ